想いに触れることの大切さ

昨晩は夫婦でゆっくりと話し合いをしました。
うちは喧嘩こそしませんが、真剣な話し合いは折に触れてします。

きっかけは私の『寂しい病』です。
ここのとこ仕事がものすごく忙しい夫。
頭では『がんばってくれてるんだから』と理解しながらも、
理屈だけでは片付けられない感情があふれ出して軽く寂しい病にかかってました。

時間が比較的あるというのもよしあしで。
こんなとき子供がいたら、忙しくてそれどころじゃないのかもなーなんて
そんな理由で、子供の存在を考えてしまうのはどうかとも思いますが、
正直、そんな風にも思ったりしてました。

理解ある妻であろうと思ってはいるものの、実際のところはしょせん『頭かくして尻隠さず』でバレバレ。夫は簡単に様子の変化を見抜いてました。

昨晩、夫が「tsunoko、大丈夫か」と門を開けてくれ、話し合いが始まりました。一方で確実にそれを待っていた私がいました。

「夫婦や恋人同士の間で相手が不満や不調を抱えているときって、その理由はだいたい自分に関係あるもんよな。やから、その蓋を開けたら当然少なからずしんどい話になるわけで、俺も若いときはそこにあえて触れずにおいてきたけど、そこはちゃんとせなあかんと思うんよな。」と。

私が結婚するときに母が
「tsunoちゃんには、ある程度年上の方があうと思うのよねー」と仰天発言をした理由が、日を追うごとに分かってきています。あーきっとこういうことなんだなーと。

多分、「なんか言ってくれー!!」「話を聞いてくれー!!」と毎日猛烈にアピールし続けてたんだと思います。しかも自分ではそんなつもりもなく。

正直なところ、今の状況がすぐに画期的に変わるとは思ってません。
忙しいのはやっぱり忙しいのですから。
でも、やっぱりその裏に隠された想いを知るというのは大きなことです。
推して知るべき時もあるでしょうが、夫婦間でも、(夢が叶えば)子供とも、ちゃんと話の出来る関係でありたいと、それで救われる想いがたくさんあるのだと思います。
[PR]
Commented by ひえっこ at 2011-01-18 13:05 x
夫さんの懐の広さを感じるね。避けたい話をちゃんと向き合って話してくれる。できそうで、できないよね。”今の忙しい状況が変われば…”じゃないんだよね。状況が変わるのを待ってちゃ駄目なんだよ。人の心は”生もの”だから。つのこさんの変化に気づく夫さんの愛を感じるね。いい夫婦だなぁ。猛烈に羨ましい!
Commented by tsunorun at 2011-01-20 18:52
◆ひえっこさん◆
こちらにもコメントくれてたんだね。見落としてたよ。ありがとう。
彼のほうが随分と大人で。あたしは随分と子供で。ほんとね、お恥ずかしい限り。。。
人の心は”生もの”ってまさにその通りだね。いいこというなー。
この言葉心にしっかり留めておくよ。久々に名言に出会えました。

人生って遠回りした先に、案外いいことがたくさんあったりするのかもしれないね。
by tsunorun | 2011-01-17 14:46 | love(愛) | Comments(2)