シゴトスタイル

d0113159_97347.jpg
昨晩の激しい雨から一夜明け、今朝は太陽が時折顔をのぞかせている。
通勤途中の車窓からはきれいな虹が見え、いい一日の始まりを予感させた。

ただ、24・5度と気温は少し低めなので、足元はすっかり秋仕様。
先シーズンの終わりにすべり込むようにタイツBOXにやってきたもので、去年はあまり活躍の場がなかったから。早々に。
今年は頼むよ、唯一のチェック柄くん。

さて、ここ数日、会社の仕事と並行してテープ起こしのアルバイトをしている。件の編集長から早速仕事依頼がまいこんできた。講演の内容を聞きながらそれをテキストに落としていく作業だけど、なかなかこれが思ったよりもハード。家で好きなときにできるってことと、第一線の話を聞けるって事が利点といえば利点だろうか。あとはお金をいただけるということ。講演のテーマは「幼保一体化」について。文科省の管轄の幼稚園と厚労省の管轄の保育園ってことだけでも、一体化の難しさは想像がつくけど。話を聞いてると深いわ、これ思った以上に。

今の自分のシゴトスタイルはとてもペースがよくて、生活にもしっくりきている。
けど、頑張ろうと思えばもっとやれる、と思うこともある。
ただ、一方では余裕がないと相手にも優しくできない。
家事も今より手抜きになる。
夕飯にかき揚げ丼なんて作ってられやしない(←昨日のこと)と思う自分もいる。

時間・お金・やりがい・心の余裕…
いろんなものを秤にかけながらちょっとばかり思いをめぐらせる。
同時に、考えられること自体が幸せなことだとオットに感謝している。
[PR]
by tsunorun | 2011-09-21 10:20 | others(他)