『タダ』と言われても考えてみる

d0113159_08253757.jpg

今日はこれからこちらのショールームへ。担当の取り扱い店さんがフェアをするらしく、期間中は「換気乾燥暖房機」がサービスでつくので是非どうぞと招待をいただいたのです。当初はつけないつもりでいました。電気代も高く使わなくなるというコメント、そもそも数万円の費用がかかるし、今までなかったのだからなくてもいいと思ってました。

そんなところに降って湧いた今回の話でした。ずっと前までなら『タダ』なら迷うことなくお願いしたのだろうけど、『タダ』の物はこれ幸いともれなくいただいたのだけど、今は『タダ』でも考えるようになりました。

『いる???』と。

電気代を調べ、ネットで使用感を調べ、納得の上でお願いしてきます。1度はお断りしたのですが、さすがにじっくりと再考しました。決め手は二つ。(乾燥機に向かないものの)梅雨時期の洗濯対策と(換気15kwhと同様に22kwhと低電力の)涼風機能です。
※乾燥は1270kwh、暖房機能は1300kwhと非常に電気を使います。【我が家採用のものの参考数値です】
[PR]
by tsunorun | 2016-09-03 08:09 | kurasu(家) | Comments(0)