『消えもの』こそ大事に想う

d0113159_18451472.jpg


空は秋。
食欲は年中旺盛です。

家計のコンパクト化を考えるとき、『消えもの』はむしろ削らずに、大きなウエイトを置きたいと考えてます。

例えば、食費。
食べるものでカラダは作られるので、ここはとても大事にしたいです。産直市で買う野菜や果物はみずみずしくて生気に満ちてます。

例えば、化粧品や日用品。
極力シンプルな素材でシンプルな手入れを心がけています。100歳まで生きた祖母は石鹸ひとすじのような人でしたが、とても肌がきれいでした。

例えば、贈り物。
お祝いのお金も然り。出すなら心から気持ちよく。大切な人たちが幸せなのは何よりの喜びです。

例えば、お出かけや旅。
今しかない今。いろんなものを見聞きして、知識や経験を自分の中にどんどん入れていきたいです。

『消えないもの』は洋服や靴、バッグや家具などありますが、これらは次々と買うものではないので、その時どきに吟味して、少数精鋭の同志のような感覚でいたいです。
[PR]
Commented by suisuiringo at 2016-10-07 10:53
同意見です!
Commented by tsunorun at 2016-10-07 14:22
◆suisuiさま◆
それはとてもとても光栄です!
ありがとうございます。
by tsunorun | 2016-10-07 06:48 | コンパクト化 | Comments(2)