2017年 12月 09日 ( 1 )

2017鳥取@カニ編

カニの記事の催促がー、えーありましてー。
笑笑。
みなさん、好きなんですね。

わたし自身は正直そこまでではなく
すっかり放置しておりました。

でも考えたら松葉ガニの解禁は3月20日くらいまでですし
早く書かないとダメですね。

では早速。

えーわたしたち、この蟹旅行はもう足掛け10年ほどになります。
最初はいろいろとお店選びに試行錯誤しましたが、
もう3年目位からこちらの2軒に固定しています。


まずは、到着日の昼に行くお店の
吉良常総本店」さん。
地元の方も良く来られるようですが
蟹を食べているのは私たちだけでした。
(穴子の棒寿司もぜひ、ぜひ、ぜひーーーーー!!!!)

まぁ昼から地元の方は蟹は食べないかもしれません。

今回は、初競りで落されたものと同じサイズの蟹を頂きました。
お値段…1杯15000円ほど。蟹は予約をオススメします。
d0113159_14342316.jpg

続きまして夜は
魚山亭」さん。
港横にあるこちらのお店。
こちらも予約必死です。
予約なしで来られた県外ナンバーの方が
残念そうに帰っていくのをもう何度みたことか。

いつも満席の大繁盛です。
お味は言うまでもありません。


解禁日発表とともにいつも予約をします。
行く時は義父母と一緒なので2部屋です。
海がすぐそこです。

いつも穏やかな瀬戸内海しかみてない私には
日本海の強さや荒波が
心にしみます。

次の日の朝はこれまた恒例。
お土産を買いに市場に行きます。
タグがつくとお値段、どん!です。

d0113159_06040845.jpg
たくさんの商品が並びます。
d0113159_06041069.jpg
写真がないのですが、我が家が買うのは決まって「マルツ水産」さんのコーナー。

d0113159_06041279.jpg
これまていろいろ買い比べてみましたが、今はこちらに固定です。

なかでも、松葉のメス(鳥取では、セコがに※)が
主人的にはオススメとのこと。

セコカニとはズワイカニの雌の事。
卵が外子内子と二層に分かれていて、
プチする食感の外子、もっちりした内子と2つの食感が楽しめます。
ゆで上げて食べるもよし、丸ごと蟹汁にするもよし、ご飯ごと焚いてかに飯にもできます。

雄の松葉ガニと比べ水揚げできる期間は年明けまでと短く、
年始も初回限りで入ってこないことも少なくないため、
基本的には年内のみの取り扱いになる事が多いです。
ご注文はお早めに!

とマルツさんのHPに書かれていました。

以上、こんな感じで大丈夫かしら。笑。

カニ編でした。


私のブログのお友達第一号である(Kちゃん)が
鳥取県に住んでいて、今回は本当に助けられました。

先日のこと
鳥取砂丘がポケモンGOで大騒ぎだったのご存知です?

あのときちょうど私たち、
そこに向おうかなんて思いついて
ラインで尋ねたら
「砂丘はすごい騒ぎで大渋滞だからお勧めしないよ」と。
貴重なお助け情報をもらって
あの素敵な写真館に行き先を変えたんです。

あやうくポケモンの「ポ」の字も知らない
中年とシニアが行くところでした。

のんびりと穏やかな旅ができたのはKちゃんのお陰。
この場を借りて改めて再び、お礼をいいたい!!

Kちゃん、その節は本当にありがとー!!!!
d0113159_14343974.jpg
(写真館の作品で秀逸だった一枚。撮影可能コーナーより。)



[PR]
by tsunorun | 2017-12-09 14:40 | go(訪) | Comments(8)