カテゴリ:others(他)( 144 )

「普段」

3月31日、昨日、被災のため一時帰省していた妹と3人の子供達が仙台へと戻っていきました。今月の11日には小学校も始まるのでいつまでもこちらに留まっている訳にはいかず。ガス不通という悪条件ではありますが、山形空港を経由して長い道のりを帰っていきました。

そして4月1日、今日。
我家には文字通りの「普段」が訪れました。
オットは、「お世話になりました」という手紙と共に妹から贈られたネクタイを締めて出社しました。ワタシは、家中の掃除と片付け、荷物の発送を済ませました。

取るに足らない「普段」の暮らしです。
でも、今はその「普段」に贅沢ささえ覚えます。

できることを、できる範囲で、いろいろとがんばっていきたいです。
[PR]
by tsunorun | 2011-04-01 14:31 | others(他) | Comments(0)

日本国民として

一刻も早い救出と、ライフラインの復旧、救援物資の到着を願ってやみません。

せめて、空が晴れ続けますように。少しでも暖かい日が続きますように。

更新はしばらくの間、自粛します。

【15日追記】心配してくれている友人へ。仙台在住の妹家族は皆無事です。長距離を迂回して明日こちらへ帰省します。
[PR]
by tsunorun | 2011-03-12 09:55 | others(他) | Comments(0)

もろもろ

d0113159_13203196.jpg
ゆっくりとブログを書くモードにならずご無沙汰しました。ここ最近の出来事をメモしときます。

1月最後の日曜には会社の後輩が彼とともに我が家に遊びに来ました。インテリアが趣味という彼女は29歳、彼は31歳。私達からすればぐぐぐんっと若いういういしいカップルの訪問です。二人ともこれがとっても素直。かわいかったです。茶系のインテリアが好きだという彼女とはとことん趣味があって、会社ではわからなかった一面をいろいろ垣間見ることもできて楽しいひとときでした。ランチを終えた後は、今も団地内にたち続ける新築のおうち見学会へ。私達夫婦がよく遊びに行く、アレです。二人はそこでもテンションがUP!それを見ているだけでなんともほんわかした気分になった中年夫婦です。

昨日の日曜日は朝早くから支度して、市民マラソンの応援かつ見物に行ってきました。参加人数は全国から約5000名。各ランナーに当てられたメッセージやそれぞれのランナーの走り終えた後の感想を聞いてると、「闘病中の友のために走りました」という老年の男性、「がんばればやれることを子供たちに示したかった」というお母さんなどなど…。それぞれの走りの裏に隠されたドラマを聞いては感動しきりでした。

写真の竹箸は、DMの案内を受けていた、とある個展で日曜日に購入。ちょっとしたお箸の変化だけなのに食卓が妙に新鮮でした。

というわけで元気です。
[PR]
by tsunorun | 2011-02-07 14:30 | others(他) | Comments(2)

片付け最終章

オットを会社に送り届けた後、朝市&スーパーで買い出し。
レシートを見ながら、今後作れそうな献立候補をメモったら、今日やる片付けの場所はウォークインクローゼット。強敵です。

オットのモノは、片付けのみ。
ワタシのモノは、再度チェック。数着を明後日リサイクルショップへ持ち込む予定です。

あと、そうでした。ワタシの背では届かなかったリビングのカーテン、週末にオットに頼んではずしてもらってドライコースで洗濯しました。182cmのオットでもギリギリの高さ。ワタシに届くまでもなかった。トライする度に椅子の上で足が何度もつりそうになりました。カーテンは脱水後、元の位置につけて乾燥させます。南側で日が当たるのですぐに乾くし、何よりしわにもならず楽ちんでした。ドラム式の洗濯機ではどれだけ水が汚れたか(=どんだけ汚れがとれたか)が見れなくて残念でした。

今日のおやつは、久しぶりに手作りのパン。忘れた頃にできる感じなのでやきもきしながらまつこともなく。『ながらパン焼き』いいかもです。

さて、これで片付けは完全に終わりです。
心置きなくクリスマスとお正月に突入します。

話は変わりますが、大切な人が悩んだり、苦しんだりしている時の自分の非力さに腹が立っちゃって。つらさを想像することはできたって、それと向き合って戦ってるのはやっぱり本人だけなんですよね。所詮何もできないんじゃないか、と思うと、そういうのがほんと嫌になる。
[PR]
by tsunorun | 2010-12-16 17:15 | others(他) | Comments(2)

年金のおはなし

ちょっと現実的なおはなしですが。。
先月だったか、確か…「がっちりアカデミー」で見て、“こりゃ大事だわ”と思ったのをふと思い出したので書いてみます。

特に年上のご主人をお持ちの方に聞いて欲しい『加給年金』のおはなし。

ひらたくいうと、ご主人が65歳になって年金の受給がスタートした時に、奥様が65歳未満だったり、お子さんが18歳未満だったりする場合のみプラスして支給される年金があるということです。
そして、この上乗せは妻が65歳になるまで続きます。

例えば、我が家でいえば、嫁の私が8つ歳下なので、単純に8年間支払われることになります。(現行制度では)年額396000円の加給年金が8年間。合計すると316万8000円です。結構な額です。

そしてここで大事なことがひとつ。加給年金は自分で申請しないといけないそうです。
万が一忘れててもわざわざ言ってはくれない制度なわけです。

年金制度なんて悲しいかな数十年後どうなっているのか、予測が定まらないところはありますが、一応、絶対続いて欲しい願いも込めて、年金関連書類に書き留めてます。

『○○(←オット)が65歳になったら忘れずに加給年金を申請する事^^!』

もう少し詳しい内容が知りたい方はここが分かりやすいかと思います。ぜひご参考ください。
[PR]
by tsunorun | 2010-11-16 21:17 | others(他) | Comments(2)

なるほどね

夫婦の年齢差8歳。

先日姉に『そういえば結構歳離れてんだよねー』なんて言われた位、普段この差はピンと来ない。
流行ってた歌やら、ファッションの話にでもなればテキメンだけど、日々の暮らしのなかでは、ほんと全ー然。


なにしろ私が大人ですからね^^ふふ

まぁでも冷静に考えたら、
20歳のオットとランドセル背負った12歳の私なら間違いなく犯罪だよね。
なのに今になると8歳差なんて、吹けば飛ぶようなもんで。
この変化が不思議です。

先の姉にしたって6歳も年上。
私が小1の時、中1だったわけで。
そりゃーもう大人だったわけで。

でも今は^^


同じ悩みやら想いやらを共有できたりとかして。なんか不思議。楽しいけど。


年々年の差って感じなくなるよなーと改めて思った次第です。

で。なんでこんな話になったかというと
よく見ている倉本康子さんのブログの中に

『2歳の子の1歳差は、人生の1/2
30歳になったら1歳差は1/30
どんどん比率が軽くなるもんよ』と。

いやー、この説明に妙に妙ーに妙ーに納得してしまいまして。誰かに教えたくて。
[PR]
by tsunorun | 2010-11-01 13:51 | others(他) | Comments(2)

「し」から始まる…

昨日、今日、そして明日と3連続出勤の今週です。
とはいえ、今日は企画書が出来た段階で15時半頃早々に退出させていただいたし、明日は午前中の会議が終わったら帰らせていただこうかと考えてます(苦笑)

あと、今日は会社の後輩の誕生日でもありました。
30歳ジャストだそうです。
「大台に乗りましたー!」と元気に言っておりました。
ジョシ30歳といえば、それはそれは大きな大きな節目でした(思えば)。

でもいざ入ってみたら、
30代の方が随分居心地がいいと感じるのはあたしだけでしょうか。
年の功とでもいうのか、なにやらどっしり感があります。
20代の頃のようにジタバタしてない感じ、あります。

彼女に「30代になると、いろんな曲がり角ってホントにやってくるんですかー?」と聞かれたので、「30じゃなく、35位だったかな。」と答えました。

30代前半って、正直あまりその曲がり角を感じることがありませんでした。
「このままいけんじゃないか」なんて勘違いもしてましたが、いやいやそんなに甘くはなかった。
いろんなものが襲ってきましたし、いろんなものと今まさに闘ってます。

シミ
しわ
脂肪
白髪
紫外線

なにやら「し」から始まるものばっかりですよ。アラフォー女の敵は。
[PR]
by tsunorun | 2010-10-21 21:59 | others(他) | Comments(2)

早ーい!

明日から10月。
月が二桁なんですけど。。。

龍馬伝を見はじめた年始の頃は、まだまだ物語は長いぜー。と思っていたのにもう最終章に突入したし。どんどん龍馬が危険にさらされてきて、殺されてしまう状況までそう遠くないなーなんて毎週思わされるしで。

年末の匂いがそこかしこで徐々にたちのぼりはじめて、「きゃー」ってな感覚です。

編集の仕事をしてた頃は、先々の取材をしていくもんだから、他の人よりも生き急いでる感がたっぷりありましたが、のんびりと暮らしている今は今で、そんな季節の流れに気を止める余裕があるわけで。

今日は衣替え(といっても、前の物を後ろにしまう程度の簡単なもの)でもしようと意気込んでいたのだけど、どうもスイッチが入らず。そそくさと先送りを決定して他のことに時間を費やしておりました。

昨日、雑貨屋さんの古道具イベントで念のため取り置きしてもらった座椅子があって、週末にはオットとそれを再び見に行く予定。気に入ればその足で(紹介してもらった)個人宅の○○椅子店さんに直行して、生地選びなんかを楽しむのです。座面はリペアです。そしてその後は美容院。私は伸びた前髪を、オットは全体を切ってもらう予定。

予定ダイスキ。
[PR]
by tsunorun | 2010-09-30 16:17 | others(他) | Comments(2)

政治の話?

『一平卒』って何だ?

知らないぞ、この言葉。

昨日、小沢さんが言ってるのを聞いて、気になったので早速調べてみました。
(こういうとき辞書じゃなくネットなんだよな。てか、辞書自体うちにないし。)
何となく言葉のニュアンスは分かるんだけど、正確な意味が知りたかったのです。
政治家のお話の中にはときどき分からない単語がでてきて困ります。そして気になります。


【一平卒】(いっぺいそつ)
1 一兵士。
2 ある活動をする大勢の中の一人として、下積みの任務に励む者。「委員を辞め―として活動する」

うーん、なるほどね。

妙に納得。
わざわざ極端にへりくだるところが小沢さんらしいよなー。
[PR]
by tsunorun | 2010-09-15 14:30 | others(他) | Comments(0)

物思い

時間に追われるでもなく、目の前に山積みされた課題もないと
頭の中に余白スペースができるからなのか
いろんな思考がぐるんぐるん巡るもんです。

自分の役割、立ち位置だとか、将来のビジョンだとか。

まぁでも、いろいろ考えるのはワルいことじゃないので
そういう時は、どっぷりと物思いにふけってみます。

先々を重要視しすぎて今がおろそかになるのも本末転倒だけど、
多少は先のことも考えとかないとだし。

考えることをしないと発展も反省もないし。

自分の芯さえしっかりしてれば大丈夫(書きながらその芯たるを確認中)。

今日は、頭の中をぐるんぐるんさせてます。

★業務連絡★
何かに悩んだり落ち込んでるわけではないので心配は無用です!
[PR]
by tsunorun | 2010-09-14 14:44 | others(他) | Comments(2)