カテゴリ:kurasu(家)( 96 )

リモコンありき

d0113159_08284179.jpg

壁は一番下のグレー寄りなベージュをチョイスしたわが家です(昨日の記事)

現在は平屋につき、一つしかないトイレですが、二階建てとなる新居ではどうしようかという話になりまして。

ひとつでいいよね  or  いやいやふたついるだろ…かくかくしかじか…。

前者が夫、後者が私でしたが、結構すんなりと私の意見にのってくれました。ほっ。

予算ももちろん上がるので感謝です。

でも、年々、特に冬場はトイレが至近ですので、寝室のある2階にもどうしても欲しかったのです。

トイレ選びのポイントはまずこのスティックリモコンです。(現居同様)スティックリモコンありきで入ったので選択の幅はぐぐぐと狭くなり、スムーズに決まりました。我が家のメイントイレは2階のため、1階のトイレはサブ。こちらで予算調整しました。

一気に寒くなりましたね。
トイレの回数が増えそうです。

[PR]
by tsunorun | 2016-10-13 08:26 | kurasu(家) | Comments(2)

問題です

d0113159_12371476.jpg

外壁の色です。

さて、わが家はどれにしたでしょう。
(知らんがな)

余談ですが、
『何歳に見える?』という質問だけは
絶対しないと固くココロに決めています(*☻-☻*)

聞かれるとめっちゃ困るし…( ̄▽ ̄)
[PR]
by tsunorun | 2016-10-12 12:31 | kurasu(家) | Comments(2)

本日、上棟日和なり

d0113159_14240502.jpg

d0113159_14240636.jpg

d0113159_14240728.jpg

天気に味方され、滞りなく上棟を迎えました。

クレーンで持ち上げられる柱。

職人さんたちの熟達した動き。

二階の足場にも上がらせていただきました。
見飽きることのないライブが数時間続きました。

形になっていきます。

オールブラックのいでたちは建築から施工管理までをしてくださるM氏。偶然にも同じ歳でした。
[PR]
by tsunorun | 2016-10-10 14:14 | kurasu(家) | Comments(2)

階段事情

d0113159_12485629.jpg

買い手さんはまだつかずとも、住み替えの階段を一段、一段と上っております。

今日は愛犬・わさびのシャンプーと友人宅へ古物のお届け。明日は内覧希望第2号様来訪。明後日は上棟式。『初めまして』が多いこの週末です。

新居の階段には90cm四方の踊り場が二ヶ所できる予定です。狭いのか、それとも、何かに活用できる広さなのか、ラグの上にメジャーを広げイメージしてみたものの、いまいちピンとはきやしません。手すりは35ミリの丸パイプを採用しました。

実父がしきりと『歳を取ると丸が持ちやすいよ』と言ってます。偶然、丸でした。笑。






[PR]
by tsunorun | 2016-10-08 08:03 | kurasu(家) | Comments(0)

土間のある家

d0113159_12500571.jpg


自主検査、住宅センターの鉄筋検査を終えて現在こんな感じ。

上棟式の天気予報は晴れ。雨男の設計士さんには少し大人しくしておいてもらおう。

上棟式とやらは、朝8時半から17時くらいまでらしい。柱を立てて屋根をつけるところまでをライブでするんだと認識しています。何しろ経験がないので、すべては『又聞き』の世界です。

準備するのは、
■お弁当…仕出し屋さんに手配して当日12時ごろに配達してもらいます。私達も席を囲みます。
■飲み物…冷たいお茶を購入予定。
■お酒…担当設計士さんに確認したところ、昔のように飲まないらしくノンアルコールを手配予定。
■ご祝儀…こちらは業者さんや建て方によりけりらしい。 我が家は心ばかりお出しする予定。

43年生きてきたとて、世の中にはまだまだ知らないことが多い。ネットがない時代はこういうのどうやって調べてたんだっけ。最早思い出せません。

進化と引き換えになくしてしまったのは、
自分で調べるチカラや考える脳リョクだな…。

設計図段階では三輪車で激走出来るじゃん!と思い描いた土間だけど、写真を見た限りでは夫婦で縦に寝たら終わりじゃない?と思えて仕方ない…

あの友人のコトバだけが頼り。

[PR]
by tsunorun | 2016-10-06 06:49 | kurasu(家) | Comments(3)

夜更かしした日の朝

d0113159_06093256.jpg

昨日の夜、久しぶりにみたこの時間。
ここ数年は完全に朝型にシフトしていて、
時計を見て、慌てました。

興奮してるのか、
無意識だけど、気が張ってるのかもしれません。

段取り魔ゆえに、
年末の退職に向けて、
1月の新居完成に向けて、
自宅の売却に備えて、
就活もまあ少しずつ。

複数の時計が無秩序に
奔放に動き始めています。

ネジをまいたのは全部自分だけど。笑…。

昨日の記事にはチカラ強いお言葉をありがとうございます。

皆さんの援護の甲斐あって、
なんと昨晩、内覧希望者第2号様が現れました!
上棟式の前日の9日日曜日に内覧に来られます。

今回初めての値下げをしたのですが、それを受けてのすぐの反応とのことで
「値下げされたんですね」とお電話をいただいたようです。

初回にかなりのカウンターパンチをいただいているので少々のことでは驚かない心が養われました。地に足付けて臨みたいと思います。

[PR]
by tsunorun | 2016-10-04 08:22 | kurasu(家) | Comments(0)

振り出しにもどる

d0113159_11324219.jpg

とんとん拍子に、怖いくらいに早く進んだ売却の話ですが、やはり世の中、うまい話には裏があるといいますか。苦笑。

裏というとまたニュアンスが違いますかね。

結論から申し上げます。


物別れとなりました。。。。
はい、白紙です。。。

当日に…

不動産の方も経験のない展開で、契約の当日のその場で○百万円単位での値下げ交渉が入り…もちろん受け入れられるはずもなく、物別れとなりました。

主人ともども仕事を途中退席して臨んでいたのですが、そのまま帰る気持ちにならず、少しお茶をして『振りだしに戻っただけだから気を取り直していこう』という話をしました。

完全に気持ちが落ち着いたのでご報告です。

買主さんも最初は気に入っておられたのだと思います。が、途中で気が変わったのでしょうか。ね。苦笑。

不動産からは後日とっても高級なプリンを頂きました。おいしく今朝も頂いてきました!

学ぶ所も多かった経験ですので、売却の方はまた少しづつ。気負わず進めます!

一方の新居は、10/10に上棟の予定です。


※応援して頂いた方、祝福して頂いた方、ありがとうございました!!!
[PR]
by tsunorun | 2016-10-03 12:08 | kurasu(家) | Comments(6)

偉大な彼女

d0113159_06041278.jpg
欲しいとき、欲しいコトバをくれる人がいる。

数年前におうちを新築した友人にいろいろアドバイスをもらいたくてランチの約束を取りかわしてた中での会話で彼女はこう言いました。

「お家作り、基礎工事中くらいかな?楽しいときですよね。この時って、小さくない?大丈夫?って思いませんか?建ちあがるとそれなりに大きくなります。思ってなかったら、ごめんね。わたし、いつも、イメージしてくださいって言われてたけど、想像力が乏しくてイメージできなかったのよね。また、いろいろ聞かせてね。」

エスパーかと。笑。

悩んでるとき、苦しいとき、欲しいときに欲しいコトバをくれる人の存在の大きさを改めて思う。そうありたいと思うと同時に、意図的ではなく自然と出る彼女の偉大さに叶わないなと思いました。

ご報告:以前の記事で書きました洗面台下の部品の修理代は工賃含め8640円でした。ご参考まで。

[PR]
by tsunorun | 2016-09-30 08:36 | kurasu(家) | Comments(2)
d0113159_08282155.jpg

更地の時は思わなかったけど、こうして基礎ができ始めるとその小ささに驚いている。
実際より小さく見えるとは聞いてたけれど、
いやいやいや。
端から端までホップ、ステップ、ジャンプで行ける気がするんだけどダイジョウブカ。

ゼロから物事を始める時、
勇気と不安、そして期待が交錯するけれど

自宅売却が整いそう(契約は明日)なので
不安は随分と軽減されて、とてもありがたい状況です。

そもそも注文住宅には汎用性がないですものね。
好き勝手作るんだから当たり前ですよね。
転売を考えるなら、購買層の分母が大きいのは圧倒的に建売。でも、最初からいつか売る設定で家を創る(買う)人も少数派。

我が家は癖のある物件なので、1年くらい、いや、もっと売却までにかかるんじゃないかと覚悟をしていました。

先に新居を整える『買い先行』の場合、旧居が売れるまでは2つの物件を所有することになる訳で、固定資産税も火災保険料も、マンションならば共益費、管理費等々も二重にかかってきます。いわゆる無駄と相応の(売れない)リスクが発生するものです。

我が家も当然その資金は計上して予算繰りをしていましたし、リスクヘッジ?もしてました。なので、本当に本当に感謝でいっぱいです。


[PR]
by tsunorun | 2016-09-27 19:59 | kurasu(家) | Comments(2)
パイプクリーナー(強力・塩素系)を
ご機嫌にやり過ぎたのがいけないらしい。

なんとここにきて、洗面台下の排水管の継ぎ目から少しだけど水が漏れてくる事件が勃発!

すぐさまリクシルさんが来てくださって、
あまりやり過ぎるのは配管によくないとアドバイスをいただいた。要部品交換だって…とほほ。
(お引き渡し前でヨカッタヨカッタ)

お掃除好きの皆さん、どうぞお気をつけください。

それと、以前、キッチン点検の際に詰まり防止策として専門家に教えていただいたのがこちら。
d0113159_21074550.jpg

なにかしらで排水口を堰き止めて、お湯と台所用洗剤でこんな感じで貯めたあと、一気に排水!

大量のお湯が流れる勢いでパイプの汚れがきれいになるそうです。特別なことをしなくてこれで充分だそうです。
[PR]
by tsunorun | 2016-09-25 06:59 | kurasu(家) | Comments(0)