カテゴリ:kurasu(家)( 96 )

完ぺきに衣替え

私の洋服だけですが、本日衣替え完了です。毎シーズン、買った洋服の数くらいは、捨てるか高校生のいとこにあげるかしてるので総数はそんなに多くありません。なので今回も特別奥の奥にしまってた冬物をだしてくるなんてことはなく。ちょっと引き出しの段を入れ替えるとか、その程度なので比較的ラクチンな方ではないのかと思います。人様のワードローブを見せてもらったことはないので分かりませんが、こんな量でいいのか?と思う瞬間もありました。オールシーズンすべての洋服の収納スペースは両開きの細めのタンスが1棹、片開き、こちらも細めのタンスが1棹、あとはプラスティックの収納ケース3段が1つ。それだけで収まる量です。先日、綿×麻のカットソーを1枚買いましたが、今日の衣替えで7着の処分が決定したのでマイナス6着。早速今からお掃除用に小さいサイズに切っていきます。明日はオットの領域に進出しようと企んでますが、さすがに勝手には捨てられないですし、こちらはほんと、取り出しやすさのみの変更。位置替えだけに留まりそうです。。。できることなら豪快にいってしまいたいので消化不良になりそうな予感です。
[PR]
by tsunorun | 2009-10-16 18:52 | kurasu(家) | Comments(4)

8月の徒然

 しばらくブログをさぼっている間に早くも8月が終わろうとしている事に気づきました。なので8月をダイジェストに振り返って記録をば。前月末から〜8月4日まで仙台から妹家族来襲(笑)。夫婦プラス3兄弟がやってきて、玄関は見た事のない靴の数になり、こどもグッズが増え、そこうしているうちに捕獲した蝉やカブトムシ、蛙なんぞがうようよと増えてるし(汗)我が家が子供色に染まった希有な時間でした。

 毎年恒例となった実父母+姉家族+わが夫婦+妹家族による大BBQも天気に恵まれ、大成功。今年は肉もランクアップしましたし♪ 材料すべてが売り切れとなるみんなの食べっぷりは見事でした。が、そんな一方で私の体調はこの頃絶不調。のど風邪で声はハスキー通り越してガラガラ、じんましんも出るわ、頭痛はするわで気持ちとは裏腹に身体は大きく悲鳴!しか〜し、寝込んでる場合でもなく気合いと病院はしごでなんとか切り抜けました(じんましんは進行形ですぅ…泣)

 お盆に入ると皆の帰省ラッシュ。主に高校時代の友達と次々に会い、楽しい時を過ごしました。もちろんオットの実家にも里帰り。14日から1泊2日で岸谷ゴロウさんと寺脇ヤスフミさんの主催する地球ゴージャスの観劇をメインの目的に、大阪へと旅をしたのですが、その帰りに嵐のように立ち寄りました(短い滞在で義父母さんごめんね…)。

 仕事はなんだかんだと忙しさを増し、今月は12日出勤。といっても、2時間程ちょっくら、なんて日もあるので、まぁたいしたことはしておりません。

 お盆開けには、愛車もディーラーさんへ1泊2日の入院。後部席の内部が部分的に破損したというか、自然発生的に起こった感じだったのでサービスの範囲での無料修理でした。ほっと安心したのにプラス、洗車&車内清掃が完璧になされて帰ってくるという大きな副産物付き!大阪まで高速を飛ばしたのでフロント部分には小さな虫君たちが付着してました。これら一掃〜。虫君さらば〜。感謝感謝です。さて、入院中は代車も借していただきましたが、これはかなりのクラッシックカー。CDじゃなくカセットデッキでしたからね。ところがこれに異常に好反応だったのがオット。近くの店にたばこを買いにいくためだけに車を出動させ、その乗り心地を楽しんでおりました。1日も早くうちの車に戻して欲しかったヨメとまったく正反対のオット。古きおもちゃで遊びに興じる、そんなオトコ心を見ました。
 
 車ネタでもう一つ。ちょうど昨日、対向車線で右折待ちの車にちょっとばかしかっこつけて道を譲ろうとし、パッシングしたつもりが…。洗浄液が出てワイパーが始動。はい。左右逆〜。普段しなれてないことはするもんじゃないですね。格好つけたつもりが、とことん格好わるく所在ない感じになり、自分でもまぬけで面白かったので速攻オットに電話報告したら、会議中。ばっどタイミングなり。


 
[PR]
by tsunorun | 2009-08-25 16:33 | kurasu(家) | Comments(4)

雨先案内人

d0113159_10563395.jpg
昨晩は、町内の夏まつりでした。わたしたちにとっては初めての夏祭りも今年で21回目。規模が結構大きく夏フェスという感じでした。ライブがあったり、(お目当ての)大抽選会があったりで町中大盛り上がりでした。小中学生なんてココ1のファッションでキメテタリするし、浴衣や甚平姿も多数。気分を盛り上げようとあたしも足元だけ。マキシスカートにカゴ、草履を履いてのお出かけでした。オットは生ビールを2杯程たしなみ、知り合いの方とお話をしたりでお楽しみ。夏らしさを満喫した夜でした。日付が変わった今日は大雨・小雨・曇りが入り交じる不安定なお天気。窓を開けたり閉めたりとなんとも忙しかった。でもこんな日はうちの雨先案内人が活躍します。リビングの天窓は開けておいても雨が落ちると自動で閉まり始めます。「ウィーン」と音がして天窓が降り始めたら「窓閉めなきゃ」って気づくシステム。何かに夢中でも雨をすぐに知らせてくれるので安心です。だから洗濯物を干してる、でも空模様が怪しい。なんて時は必ず天窓をオープン。優秀な見張り番がいるので入れ忘れて濡らしてしまうなんてことはありません(あえて日光に当たるように干してる時のことですね)。既に雨が降ってるときには開けても開かないようになっているので、だんだん悪くなる眼を凝らして窓の外を見ては小雨チェックをしなくていいのが、助かります。
[PR]
by tsunorun | 2009-07-26 18:47 | kurasu(家) | Comments(2)

習慣

d0113159_1110581.jpg
よい習慣はちょっとした苦痛の繰り返しから生まれるらしい。すごく言い得てるなと思う。歯みがきにしたって子供の頃はすっごく嫌だったんだろうし(子育て中のお母さんたちならよく分かりますかねぇ)、例えばウォーキングにしてもストレッチにしても、「毎日美容液を塗る」だとか「顔のマッサージをする」だとかにしてもそう。「面倒くさい」とか「しんどい」っていう気持ちの傍に必ずちょっとした苦痛がある。でもよい習慣って一度身についてしまえば、やらなきゃ気持ち悪いくらいの域まで自分の中に取り入れることができたら儲けもんなんだよな。最近掃除好きになったワタシは、家中の床をクイックルしないとどこか気持ち悪くなってきた。そうそうクイックル。いろんなドライシートが出てるけどやっぱりラップの王道はクレラップだし、床を噴くには花王のクイックルワイパーだろうと思ってた。多少値段は高いけど、ラップのつき、ごみの絡め具合が違う。よく安さに負けて他者の製品を試してみるけど、でもどっか足りなさを感じずにはいられない。ただ掃除の頻度が多くなれば当然買い足す頻度も増える。出費がかさむのだ。で、ある時、ドラッグストアのPOPのおススメコメントがあまりにも気になった。控えめながらも内容的には激しくおススメしてあったもんで。これ。東京にある株式会社ヒューリンクさんの商品「ドライシート」(もちろん日本製)。30枚入りで198円という安さです。つまり1ヶ月198円♪ステキです。使ってみたところ、絡まり具合も非常によいです!以来我が家はクイックルさんにさよならを告げました。いろいろ詳しく紹介しようと検索魔になりましたが見当たらずなので、お近くで見かけたらお試しをば。
[PR]
by tsunorun | 2009-05-22 11:10 | kurasu(家) | Comments(6)

ちょっとご機嫌

d0113159_12135618.jpg
この家に住み始めておおよそ半年。一通りの季節はまだ巡ってないけれど、だいたい分かってきたことがある。埃がたまりやすいのはどこで、傷つきやすいのはどこなのかということ。見てのとおりリビングの床はダークブラウンなので、埃や傷は目立ってしまう。全部覚悟のうえでの選択。強制的に掃除したくなる色ともいえるかな。栗原はるみさんは『おしゃれな家のコツ』と題してこんなことを言ってたっけ。「丁寧に扱わないといけないって物が家の中にあったほうがいいの。ちょっと緊張感があることで、家への思い入れが違ってくる。」確かにひとつひとつの所作には気を使うようになる。忙しくてもポイントは心得てたりもする。スリッパでバタバタ走り回りはしても物を動かすときは慎重かつ丁寧だったり。「5年・10年先のことを見越して家づくりをするよりも、今どんな家に住みたいのかを創造して家づくりをする方が良い家が出来る・家づくりを楽しめるコツ」とも話してたかな。うちの今の家族の形にはこれが合ってる。形が変わればまた考えればいいんだし。それができるのならまた楽しめるとも思う。こないだなんて掃除中にスピーカーの下に小さな擦り傷を発見してしまってちとブルーだったんだけど妙案が浮かんで一気にご機嫌モードに急浮上。両面テープを片側だけ剥がして底に貼ったらそれがいいクッションになって。もう傷の心配もない。全然ないから。以前から冷蔵庫の上には見えない程度にラップを敷き詰めていたのだけど、今は食器棚や洗面収納の上にも実はラップをしてたりする。汚れたら取り替えるだけでいいから楽チン掃除法なのです。そんなことを考えては忙しくもなく暇ともない暮らしをさせてもらっている。
[PR]
by tsunorun | 2009-02-24 12:46 | kurasu(家) | Comments(6)

ハルノ息吹

d0113159_1024055.jpg

玄関前のこの木。木蓮。らしい。家買った時、植木の種類まで聞いてないもんだから分からんものが多い。赤くなる木=もみじくらいの判別が関の山。母に聞いて名前が判明した。初めて迎えた冬で多くの木がはげちょびんになった。もみじの葉っぱも数枚がちろちろ風に揺れる程度で。さびしー。だから数日前にこの新芽を見つけた時は、心があったまりました。まったく再起不能のような状態からこんな愛おしい新芽を出してくる。強い。なんか生命力に感動。この家を見に来た春には青々とした葉を茂らせていたわけだから枯れてもまた元に戻るってのは分かってるんだけどね。その過程を目の当たりにしちゃうとすごいことに思えた。倒れても倒れても立ち上がる強さのような。なんだか勇気をもらう。「葉が生える→虫ちゃん喜ぶ→あたし悲しむ」の図式はこの際置いとくことにして。
[PR]
by tsunorun | 2009-02-10 10:25 | kurasu(家) | Comments(8)

降り注ぐ光に包まれて

d0113159_10563395.jpg

天気がものすごくよかったので、ご機嫌にお掃除を済ませた。昼間は床暖房もエアコンも何もいらない。窓際においたエアコンのリモコンがその表示画面に「室温25度」と表していた。あったかぁ~。今日は団地内の樹木の消毒日。なわけで洗濯物は干さないようにとの指令チラシが昨晩入ってたんだった。洗濯不可ね。そこで広い団地内をお散歩することに。ちょうど14時出発。家々の玄関周りや樹木、そのしつらえ、とにかく見ていて飽きない。気がついたら歩くこと30分があっという間に経過。山の上にある団地内にはスーパーと雑貨屋さんがある。あちこちから作家さんが持ち寄りで品を揃えているため、ALLハンドメイドなのが特徴。たまに覗くと面白いものに出会えたりする。それと何よりお店の方が癒し系。「お接待よ」といいながらお茶を出してくれる。今日はご主人の赴任先のインドからだという紅茶をいただいた。少しの四方山話の中で彼女はこんなことを言った。「私ね、主人とあちこちで相性が悪いって出るんだけど、先日見た本で、お互いの運命の人にお互いが入ってて。なんだかとてもうれしくて」。50代後半だろうか。そういって微笑んだ彼女の顔が素敵で、幸せな気分になった。さて、今晩のおかずはブリ照り。そろそろかかるとするかな。
[PR]
by tsunorun | 2009-02-05 16:23 | kurasu(家) | Comments(4)

ようやく

街に赤と緑があふれ、イルミネーションも光り輝き始めました。
いよいよそんな季節なんですね。

というわけで、今やかなりの「引きこもらー」となっているわたしですが
本日重い腰をあげてクリスマス気分作ってみました。

我が家のメインツリーです(ちっちゃ!!!)。
d0113159_1605051.jpg


まぁ大人だけですし。

「気分盛り上げアイテム」としては十分でしょう^^

でもさすがにこれだけでは寂しいので玄関にリース(ディーラーで頂いたもの)とトイレには小物も装飾しました。

ゴールドのアクセサリーは似合わないのであまりしませんが、
その他の小物たちはかなりの大好物です。

ちなみにこちらも「ようやく」。

ダイニングテーブル上の照明を購入しました。
ゴールドの筒の上に黒のカバー、このカバーの中は赤なので暖色系のやわらかい光を放ってくれます。
d0113159_161682.jpg


七面鳥も美味しそうに照らしておくれ♪

って絶対焼かないですが(笑)


あや。装飾しました~と言ったリースが机の上に^^;

今からね、今からやります。
[PR]
by tsunorun | 2008-11-28 16:21 | kurasu(家) | Comments(6)

祖母から母へ、そして…

d0113159_1422566.jpg

古びた鍵です。

(母方の)祖母から母へ、そして私の元にやってきたあるものの鍵です。
何だと思いますか。

長い長い時の中を生きてきました。

祖母は私が小学5年の時に亡くなりました、初めて直面した人の死でした。
葬儀の席上で流れた滝廉太郎の「荒城の月」はその後、中学の音楽の授業で聞く機会があり、涙が止まりませんでした。

おっとりしていて長い髪の似合うおばあちゃんでした。
母は祖母にだんだん似てきました。

当たり前ですね。親子ですものね。

More
[PR]
by tsunorun | 2008-10-31 15:52 | kurasu(家) | Comments(10)

うれしい誤算

新しい家での暮らしもいろんなことがようやく一回りした感じです。
生活のパターンも固まってきた今日、2度目の電気の検針がありました。
(あっ待望の給料日でもありますね^^)

ポストに入れてあった検針結果を見て思わず微笑みました。
d0113159_12124923.jpg

上が10月分の請求額、
下は10月分の買い上げ額です。

7873円が引き落としされて、3806円が電力会社から口座に振り込まれる仕組みです。
なので今月の電気代はなんと4067円。オール電化なのでガス代はありません。安すぎます。

アパートから戸建てに移ると一番上がるのが光熱費だと聞いてました。なのである程度は覚悟をしていました。
ただ、家を購入する時にもともと太陽光のシステムがついていたのでその効果にも期待は寄せてました。でも正直ここまででは…。

うれしい誤算です。

うちは平屋なので屋根全体に広めに太陽光の発電パネルがついています。自分達でつける事は多分一生無かったと思います(何百万するらしいので。泣)。

こうして浮いた予算をどう使っていくかがヨメの力量なのでしょうが(^-^;)
[PR]
by tsunorun | 2008-10-24 12:36 | kurasu(家) | Comments(13)