カテゴリ:go(訪)( 121 )

ひょんなことから

d0113159_929329.jpg
他県まで。
夫の仕事についていくだけのつもりが意外と立派なグルメ旅になった。

d0113159_930599.jpg
遅めの昼は、うどん県出身の夫が強く一押ししてるここ「長田in香の香」で。
d0113159_930480.jpg
ぶっかけ(小)、250円也。もっちり、もちもち、麺のコシが半端ではありません。



本命の仕事を終わらせた後は、漬物やとパン屋でちょっとお買い物。夫の実家にもちょいと立ち寄って、夕飯は山奥の隠れた名店「興維餃子館」へ。

ナビ通り行ったはずが、けもの道に迷いこんでしまいました。
奇跡的に通りがかった人を追いかけて教えていただき、何とか無事到着した、そんな立地。

なのに中に入るとまさかの混雑。
空いてたのはカウンターのみでした。
しかも2月中は2013年にあやかって2013円で餃子などの料理とアルコール含めたドリンクが食べ飲み放題だとか。
d0113159_9352630.jpg


我が家は夫がイケる口ですので、迷うことなくそのコースでお願いしました。焼餃子、水餃子、蒸餃子、えびせん、もやしキムチに、もう一回り、焼餃子、蒸餃子。杏仁豆腐も忘れずに。
3種の餃子はそれぞれ、作り方が異なるという手の込みよう。迷ってでも来たくなる味です。

ちなみにフリードリンクも各種揃ってました。
多種多用な中国茶を堪能でき、飲めない私の喉も存分に満たされました。

正しい道を通れば道状況はさほど悪くはありません(分かりにくいのは確かですが。)
ナビにお店の場所をしっかりポイント登録して次回に備えたのでした。
[PR]
by tsunorun | 2013-02-24 23:19 | go(訪) | Comments(2)

夫婦×夫婦

昨日は友人の新居へおよばれ。

うらやましいのは、絵を掛けるピクチャーレールがあったこと(ほか多数)。

おそろしいのは、64型のTVに感化され、
以前数回にわたり消火したはずの
オットの大型サイズへのTV熱に
再び灯がともったのをはっきりと感じたこと。
(ちなみに現在は超初期の42型)

ありがたかったのは、美味しい手料理でもてなしてもらった上に訪問を喜んでくれたこと。

うれしいのは、夫婦×夫婦のお付き合いがとみに増えたこと。
[PR]
by tsunorun | 2013-01-28 15:47 | go(訪) | Comments(4)

大阪へ

d0113159_2027546.jpg

昨日、今日とで大阪出張任務終了。

d0113159_2028852.jpg

ずっと行きたかった明石の友人宅へ足を延ばしてお家カフェ。
好物のパンメニューで胃袋がっつり。
さすがさすがの心地よさ。
かれこれもう20年以上のお付き合いになる。
[PR]
by tsunorun | 2013-01-24 21:46 | go(訪) | Comments(2)

大阪より

d0113159_14484116.jpg
本日先程帰宅。仕入れの為の出張で1泊2日で大阪へ〜。
今月は鳥取に、大阪にと非常にあちこちだな。
そして次週もプライベートで少々の遠出予定あり。

出張中にあったこんな目撃談。
いかがでしょう。

◆空港リムジンバスから見下ろした、並走する車の運転手。高速を走らせながら、そのハンドル上に漫画を広げる大胆さ。危な過ぎる。即逮捕もの。
◆宿泊したリーガの朝食シーンにて。ごっつい身体のごっついお兄さん?おじさん?が一人手を合わせ「いただきます」。かわい過ぎる。ほのぼの賞を贈りたい。
[PR]
by tsunorun | 2012-11-21 15:52 | go(訪) | Comments(2)

2012・境港&米子

d0113159_14595537.jpg
行ってきました。恒例の松葉ガニ三昧旅。まずは1日目のランチ。こちらは前回に引き続いての‘吉良常(きらつね)総本店’さん。外観はぱっとしませんが(失礼。。。)料理はピカイチ。コストパフォーマンスも非常に高くておすすめです。私たちがいただいた日の夜は地元の魚屋さんの忘年会が入っているというのを聞いて、間違いないと今回改めて思いました。蟹はもちろん、ぜひ食べて頂きたいのが穴子の棒寿司。蟹でいっぱいの胃に収まらず、食べたのは1貫だけでしたが次回は棒で丸ごと行きたい!!と固く心に誓いました。

続いての晩御飯は、海すぐ間近の‘魚山亭’さん。こちらは、県外ナンバーであふれかえる有名処のようです。実は今回3度目にして初めての訪問。店内には有名人のサインもたくさんありました。こちらがこれまた美味しかった!私たちは毎回コースではなく焼がに〇枚、茹でがに〇枚、甲羅焼き、天ぷらといった単品注文をしますが、蟹の身がとってもやわらかかった。

あまりにも義父が気に入ったので翌日の昼もこちらでいただいて帰ったくらいです。

もちろんどの店も予約必至です。

あと、持ち帰りやお土産の調達は、境港水産物直売センター(写真)へ行かれるといいと思います。
お泊りの方は米子市街か皆生温泉がアクセス的に便利。今回はあまりに急な決定でなんとか米子のスーパーホテルを確保。前回の宿がものすごくよかったので今年もと思っていたのですが残念ながら満室でした。ただ、今回の宿も無駄を最大限に省きつつ、一方では美味しい朝食と天然温泉を備えるなど、ポイントをしっかり押さえた心地よい宿でしたよ。何より料金も。ね。
[PR]
by tsunorun | 2012-11-19 17:03 | go(訪) | Comments(2)
d0113159_21235225.jpg

旅行記、最後はお宿。今回、お世話になったのは、いこい旅館さん。急遽決めた旅で、お盆に宿を確保できたのはある意味奇跡だった。そんなうれしい縁あるお宿。

こちらがお部屋でいただいた夕食の一部。
d0113159_21201666.jpg

d0113159_21224293.jpg


翌朝の朝食はこんな素敵な空間で。
d0113159_21273157.jpg

d0113159_21285753.jpg


休憩場所も粋。
d0113159_21305290.jpg


また泊まりたい、そう思ったお宿でした。
[PR]
by tsunorun | 2012-08-28 21:35 | go(訪) | Comments(2)
旅行記、第二弾はグルメ編。
d0113159_2314239.jpg
まったく知らなかったけど、高菜飯は阿蘇の名物だとか。到着後、最初のしっかり飯は“元祖 たかなめし あそ路”さんで。全体的に良心価格。テーブル中央に置かれた大皿には高菜のお漬物が数種盛られているんだけど、これは好きなだけ食べ放題。行列に並んだ甲斐有りのお味。ホルモン煮込みも乙でした。
d0113159_2316821.jpg
いわずとしれた熊本名産の馬刺は、旅館の夕食で頂きました。生肉はもちろん赤身の刺身も苦手な私は十中八九食べれまいと踏んでいたのだけど、美味しいものは美味しいのね。自分でも意外な展開。
d0113159_23191152.jpg
二日目の昼ご飯は湯布院にて。ここには結構な数のお店があったけど、いわゆる観光地価格と言うのかな。そんな中メインストリートから少し外れた川沿いに一軒のお店を発見。何か良さそうなので入ってみたらコレが当たり。
d0113159_23204854.jpg
大分名物・とり天付の茶そばはワタシオーダー。750円程だったような記憶。
d0113159_23251650.jpg
大分のブランド牛・豊後黒毛和牛のカレーはオットオーダー。美味しいとリピートしとりました。何やら店内にはキープのお酒がたくさん並んでいたから地元の方も通うお店なのかも。満足やー満足やー。
[PR]
by tsunorun | 2012-08-21 09:07 | go(訪) | Comments(2)
d0113159_2345688.jpg
別府から入って、阿蘇、黒川、湯布院と廻った今回の旅。順番はめちゃくちゃだけど、お土産関連を少々綴ります。ゆるきゃらグランプリのくまモン系はそこかしこで目にしました。ちなみにこちらは宿泊した旅館の軒先に冷やしてあったサイダー。1本200円。無人市で缶にお金を入れて頂くシステムなんだけど、こういうのを見るたびに日本人の良識の高さを誇りに思います。

d0113159_2249413.jpg
黒川温泉街の一景。おしなべて狭い道。でもそれが逆に風情を誘います。のらりくらりと散策を楽しんだ後、期間限定で開かれてた個展で思い出にカップ(注:1)をひとつ購入しました。高原の乳製品や温泉の水を使った化粧品関係、飲料水も数多く見受けました。

d0113159_22535758.jpg
湯布院の町並みは随分と開かれた感じです。道行く人の多さはもちろん、年齢層も低いところまで下がります。いわゆるお土産屋さんからこういった古い建物を改築した店舗まで。距離も長いしエリアも広いので時間はたっぷり見ておいてもいいのではないかと。大分名産のかぼす系のお菓子を購入しました。

d0113159_22585115.jpg
海外でもそうですが、地元のスーパーに行くと案外面白いものに出会えます。‘丸ごと一本のシイラは珍しい’とオットがシャッターを切っておりましたが、私には何のことやら。魚事情には明るくありません。。。大分県のスーパーだったせいか馬刺しはなかったです。辛子レンコンは練り製品コーナーに小さいのがひとつだけありました(注:2)。こちらでは珍しいカップ麺数個と地元パン屋さんのパンを購入。帰りの船の中で食べる食料も調達しました。

*******************************
以下、携帯なのでがくんと画質落ちます。ご容赦ください。

注:1 黒川温泉の商店街で購入したカップです。オットの朝珈琲を入れるのに使ってます。旅先ではこうして器を一つ、二つ買うことが多いです。
d0113159_22432847.jpg


注:2 お土産のリクエストとしてあった‘辛子レンコン’。熊本名産ということで湯布院や別府では全く目にすることがなかったのですが、阿蘇や黒川でも意外なことに簡単には出会えませんでした。何とか三愛レストハウスで見つけて購入。無事指名を果たしました。店頭販売だったので常時あるのかは確認が必要かと。この辛みが受け付けない自分の子供じみた味覚にがっかりです。
d0113159_22434446.jpg

[PR]
by tsunorun | 2012-08-17 11:35 | go(訪) | Comments(0)

荷造り、荷解き

d0113159_11105812.jpg
1泊2日にこのリモワはでか過ぎると思われ、
ただ“大は小を兼ねる”とも思われ、
余白いっぱいに一昨日、九州は黒川温泉へと旅立ち、昨日帰宅しました。

旅日記はおいおい。
[PR]
by tsunorun | 2012-08-14 10:30 | go(訪) | Comments(4)

母と

お墓参りを兼ねてのお出かけ。
オットが‘ちょっとした旅行やな’と言った通り。片道高速込みで1時間半はプチドライブというにふさわしい距離。
d0113159_12564781.jpg
こんな昼ご飯を食べたり。
d0113159_12563293.jpg
小耳にはさんでいた予約必死のパン屋さんで運よく数が確保できたり。
d0113159_1257396.jpg
産直市でこんなものを見つけたり。

‘今日はほんと楽しかった’という母の言葉で、自分にちょこっと丸印〇。
[PR]
by tsunorun | 2012-08-10 14:06 | go(訪) | Comments(2)