「ほっ」と。キャンペーン
2016年 12月 17日

相見積もりは大切

電気屋さん2社に相見積もりを取ってました。5台を新しく取り付けるという工事ですが、機台+配管+工賃代で40万近くの開きが…。

相見積もりって大切…。

このところなにやら忙しく、夫婦とも現地に入れなかったので、これから行ってきます。写真報告は受けてます。キッチンも入り、壁も整い、かなり変化している模様です。

d0113159_09064616.jpg

引越の準備も部屋の端から攻め始めました。

d0113159_09064769.jpg

以前お話しした祖母のシンガーミシンは素敵なお店にお嫁入りしました。
d0113159_09064701.jpg

が、最近のお出かけのお供は祖母が買い物に使ってたこちらのバッグ。野菜は八百屋に、肉は肉屋に、そんな時代だったのでしょうか。サザエさんの歌が頭をかすめます。
[PR]
by tsunorun | 2016-12-17 08:46 | item(物) | Comments(4)
2016年 12月 14日

リバイバル

d0113159_11013248.jpg

というタイトルにしようと思ったのですが、その前にちょっと正確な意味を調べてみたところ、
『一度すたれたものが、見直され、再びもてはやされること。再評価。』とありました。

違いました…。趣旨と違いました。一度もすたれてないから。

ユニクロパンツと夫のプーマの短パン。
私のはここにシミが、夫のはここに破れがあります。
ともに気に入って使っている家着です。こっそり、いや、こっそりじゃないか、堂々とワッペンで欠点を隠してます。(この手の作業はもれなく実母に外注です。裁縫と聞くだけでぞっとするもので…)


こうまでしても(してくれたのは母ですが)履きたいものもあれば、きれいな状態なのにほとんど手を伸ばさないものもあります(だいぶ減りはしました。)

手を伸ばさないものには、自分で分かってる明らかな理由があるはずです。例えば、肩がこるとか、チクチクするとか。

『自分の気持ちに正直に』とはいろんなシーンで言われますが、物選びや片付けのシーンでもこの言葉、結構重要ワードかもしれません。

[PR]
by tsunorun | 2016-12-14 10:57 | yosoou(装・コーデ) | Comments(2)
2016年 12月 12日

住み替えが今だった訳

d0113159_12380834.jpg

そんなこんなで、我が家は住み替えをするという結論を出しました。
が、物事には時期というものもあります。タイミングです。

なんでわが家が今だったのか、自分の中での再確認の意味もこめてお伝えしますと、ポイントは3つです。

その1:メンテナンスを進められた。

8年前に大規模なリノベをしたのは内装のみでした。インテリアは築8年でまだまだ新しさも残りますが、外壁、屋根はメンテナンスが必要といわれる時期にさしかかってきました。おおよそ200万ほどのメンテナンスを施すのか、もししないと決断するなら、内装で勝負できる今こそが売り時だと考えました。

その2:ローンを借りるなら主人が現役のうち

旧居を売却した費用ですべてを賄えれば理想ですが、築20年が新築に変わるわけです。いくらダウンサイジングしようとも多少なりとも持ち出しはあります。引退後は審査も厳しくなるでしょう、借りられるのかもわかりません。そうすると、売却費用と自己資金だけですべてをカバーしなければならないという大きな制約がでてきます。時は低金利時代。ローンを借りるなら主人が現役のうちの10数年しかないという結論になりました。

その3:市場価値でシュミレーション

5年後、10年後、15年後、20年後、30年後…主人と私、それぞれの親の年齢をリスト化しました。同時に家の年齢もその横にまとめ、市場価値を予測しました。家計の具合も書き足して、すべてを見える化です。引っ越した先でのバーチャル家計簿も作ってみました。一番いいバランスを取るのが今でした。

[PR]
by tsunorun | 2016-12-12 12:35 | kurasu(家) | Comments(2)
2016年 12月 10日

年賀状印刷どうしてます?

d0113159_22330723.jpg

あのですね、発注とかまだでしたら、ここいいと思うのですよ、グラフィック。お年玉付き年賀状に印刷してくれて1枚70円代。

うち数年、お願いしてます。

他にお勧めあれば知りたいです。
ただ、今年はもう刷り上がってきましたが。

今日まで早割期間でした…。
もっと早くお伝えすれば良かったかもしれません。でも、それでも安い気もします。



[PR]
by tsunorun | 2016-12-10 22:22 | love(愛) | Comments(0)
2016年 12月 09日

住み替えを決めた訳

d0113159_15041045.jpg

8年前に大規模なリノベをしておきながら、なんで住み替えを決めたのかってお話。まだだった気がします。
理由はいくつかありまして。
まず、一つ目。
老後一人じゃ広すぎる、怖すぎる、もてあましすぎる。
今現在、結果として家族構成は夫婦のみなので、順当に行けば8歳上の主人が先に、私は後を追うようになります。こう言うと、『旦那さん先が前提なのね。笑』なんて言われるのだけど、それが主人孝行だと信じて疑ってません。だからそうなるように頑張ります。

二つ目。
もう一部屋いる。
2LDKの我が家。これをリフォームして区切るのはやっぱり無理。いつかもし、主人の親を県外から呼びよせるようになった時、対応できないのです。備えがないので憂いというか、そうなればなったで、その時考えてもいい話なんですけど、間違いなく背中を押した要因の一つです。新居で増えるのは4.5畳の予備室一つだけですけど。

三つ目。
買ったのは8年前ですが、家自体は築20年を迎えました。積水ハウスさんから屋根や外壁を塗りませんか応戦が来て、その見積額200万円ほど。これをスルーする手ももちろんありますが、住み続けるならいつかは必要。それならいっそのこと、住み替えてしまう?そんな感じでした。

真剣な動機からざっくりした動機も含め今に至ります。
[PR]
by tsunorun | 2016-12-09 15:00 | kurasu(家) | Comments(4)