厳しいムスメ

d0113159_9311051.jpg
さほど食べ歩いてはないつもり。奥の方で老夫婦のような暮らしをしてるし。実際そうだとも思うんだけど、光栄にも「店をいろいろ知ってるヒト」という代名詞を頂戴してたりする。木・金・土曜とオットが出張だったので母とランチに出かけた。こういう時は女子メニューに限る。ダンシはおそらく興味がないだろうコラーゲンたっぷりのラーメンがこの日のメニュー。人気店と野菜農家がコラボした商品らしく、ベースはゴマとんこつ。ラーメンにはちょっと異端児的なカボチャ・オクラ・ナス、それに追い討ちをかけるオーソドックスなニンジン・タマネギ・キャベツの盛りだくさんの野菜の数々。トッピングのボリュームに胃袋を早々に占拠され、揃って麺を残してしまったのだけが不覚。。。残すとなんか美味しくなかったって言ってるみたいで嫌だから。「食べ切れなかったんですけど、すごく美味しかったです」とお勘定の際に伝えてすっきりしておいた。

満腹の後は、母をのっけていきつけの美容院まで(私付き添いのみ)。いつも思うのとちょっと違うというので「(美容院にある)カタログとかでイメージを見せながら伝えないと。美容師さんだってその方が断然分かりやすいよ」と軽く説教したムスメ。こういうとき、優しくというより厳しくアドバイスしてしまうのよね。でもどうやら思ってた通りにしてもらえたみたいで喜んでた。よかったじゃん、ママ。
[PR]
by tsunorun | 2011-08-29 11:28 | taberu(食)