「片付け」で、方を付ける

d0113159_09520734.jpg

春を超えて初夏の陽気です。
昨夜、広島出張からの寄り道で
我が家に泊まっていた義弟を送り届け
お決まりの産直市からスタートです。

さて、先日
実家の片付けに行ってきました。

私が強引に押しかけたわけではないんです。

70代。ギリギリ戦前生まれ。
物を使える間は使う世代です。
はっきり言ってたくさん持ってます。


それを悪いとは言いません。

でも、娘としては
いざの時に
残ったモノが
本人達にとってどういう価値を持つものか
それを知る由がないのは
嫌だとも感じていました。

丸っとゴミではないでしょう。
高そうに見えるものが
大切なものでもないでしょう。

だからいわゆる本人達にとっての
“宝物”を把握したいと思ったのです。

それをお棺に入れるかもしれない。
私が引き継ぐかもしれない。
とにかくそのものが何なのかを知りたいと
このところ強く思っていました。


とはいえ、皆さんご想像の通り
掃除や片付けは無理やりやると
悲しいのです。

これ捨てるね。
これ要らないよね。
それじゃあ切ないのです。
ひょんなことから
父は最近私のブログを知りました。

※なぜ東京講座に
人が集まるのかという話になり、
主人が
『ブログに共感してくれた人たちが
多いのかもしれないね』と話したことで
 “そのブログを読んでもいいだろうか”と
言われまして…。
 “どうぞ”と快諾した経緯があります。


まぁご存知の通りこのブログには
私の好き勝手なモノに対する考えが
しつこいくらいに書いてあるわけで
それを読み進めていた父から

『片付けてみようかな』と信じられない一言。


いやー、ここ、逃す手はないでしょう!


でも一気に押すとダメなので
『やるなら手伝うから言ってね』と
話をして一旦保留。

その1回目が先日でした。

で、私が帰宅した後
父から来たラインがこちら。

『玄関入っただけですっきりした感じ。ありがとー(75歳のじーさんが書いた原文まま)』

また日を見て第二弾、第三弾をする予定です。
北風と太陽なんだよね。何事も♪

片付ける
片をつける。
方をつける。
決着をつける。
けりをつける。
容易に決着のつかなかった物事
 

辞書を辿ると楽しい。

終わりにするから
新しく始まるのである☺︎


【お知らせ】
ご参加予定だった方の
お仕事の都合により
4月の東京講座に一席空きが出ました。

1名さまのみ受付を開始いたします☺︎

お時間とご興味があいましたらぜひ。
詳細はこちらです。
お申込みは非公開コメント
またはメールにて
よろしくお願いします。




[PR]
Commented by koco0820 at 2018-03-15 10:56
あー。
来週から実家に潜伏してきます。
私の家の状況をみても
あらーモデルルームより物が少ないわねー
寂しいわね♡
と。
寂しいって笑笑
Commented by さくら at 2018-03-15 12:00 x
はい!先生!

母のは手をつけません(笑)
それも親孝行かと・・・(笑)

でもお布団は自分で出してきたよ~
ラッキー(笑)
Commented by tsunorun at 2018-03-15 14:43
> koco0820さん
だよね。笑笑。

水入らずの時間、お母様
さぞお待ちかねだろうね☺︎

物の適量も人それぞれだねー
夫婦でも違えば、
親子だと世代差が何より大きいね。

また、ココさんちは
すっきり具合が、ね、
半端じゃなそうだし、笑笑
Commented by tsunorun at 2018-03-15 14:48
> さくらさん
はい!さくらさん!

その通りだと思います!

無理な力を加えると
何でも壊れるものね。

立て付けの悪い引き出しを
力づくで引っ張って壊した経験あるわ( ̄∇ ̄)



by tsunorun | 2018-03-15 08:26 | totonoeru(整) | Comments(4)