2018年 03月 13日 ( 2 )

なわばり意識

d0113159_17102107.jpg


家を整えるのに
前向きな人って
家の中にいわゆる
“なわばり”を持っていると
想うのだけど
どうだろう。


動物には巣があるように
家はヒトの“なわばり”ではなかろうか。


だから、
家を見るとヒトが分かる。
多分そこに自分のマーキングをしているんだ。


モノに反映させて
自分を「見える化」してる

その作品が家だと言っても
いいんじゃないだろうか。


でね
みなさんの
“なわばり”ってドコですか?


わたしは絶対にココ。


驚くほどに料理がうまいわけでもないけれど
ちょっと高めの椅子に腰掛けて
(その多くは)座ってパンをほおばっている。
あっ、バターは必須だよ。

ここ(“なわばり”)に
ヒトが入ってきちゃうと
そわそわする。


“人口密度高ーい”
と言って
退散を促すのである。


はい、はい
みんな
たいさーん!!

[PR]
by tsunorun | 2018-03-13 17:10 | kurasu(家) | Comments(4)
d0113159_07392426.jpg


唐突ですが
蛙を水槽の中に飼っていると想像して下さい。
(蛙が大嫌いな方もよろしければぜひ)

ここに急に熱湯を注ぎこんだら
この蛙どうなるでしょう?


びっくりして飛び出しますね。


では、分かるか分からないか
ごくごく少量づつ
お湯を足していった場合どうでしょう。


当然、温度の上昇はごくわずかです。
わずかですが
間違いなく確実に上がり続けていきます。


さて、この時、蛙はどうなると思いますか。


蛙は自分の水槽に慣れ親しんでいました。
楽だったのです。
そして、その本当に微々たる
水温の変化には気づけませんでした。

なぜならその変化があまりにも緩やかだから。

でも、最期には
この蛙、ゆでガエルになってしまったのです。


これを『ゆでガエルの法則』といいます。


わたしたちも
いわゆる慣れ親しんだ
“快適ゾーン”から
ただそれだけの理由で
抜け出せないでいることが
往々にしてあります。


世界的な企業の中にも
一度手にした圧倒的シェアという名の
“快適ゾーン”に安心し抜け出せず
茹であがってしまった例があります。

茹であがりが美味しいのは
今の時期
菜の花でしょうか。

あの方が言ってたように
パスタと合わせて食べたいです♡


[PR]
by tsunorun | 2018-03-13 08:00 | ライフワーク SKL | Comments(6)