2018年 04月 17日 ( 1 )

バックヤード

d0113159_08001242.jpg
みなさんおなじみのこの商品
薬剤師だったある博士が
開発したそうです。

ちょっと意外。。。笑


それから
「コカ・コーラ」というこのお名前、
発売当時経理を担当していた方が
リズミカルで覚えやすいものがいいと考えてつけたものだとか。


後に120年以上愛される商品になるなんて
お二人は思いもしなかっただろうな-。


そのストーリーに想いをはせると
コカコーラが
また違って見えてきます。



では、ちょっと
こんな話をご紹介。


ある女の子が熊のぬいぐるみをぎゅっと握りしめています。

お友達たちが
‘ちょっと触らせて-’
‘抱っこしたい―’
と口々に言っています。
ある子は泣いて頼んでいます。


ところが彼女は頑なに拒否。
‘嫌!’の一点張り。


どうですか?
きっとこの話をそのまま読むと
意地悪な子だ
優しくない

そんな感想を抱くのではないでしょうか。



ではその背景に実は
こんなストーリーがあったらどうでしょう。


『熊のぬいぐるみは前日に病気で入院した
大好きなおばあちゃんが手作りしてくれた
ものだった』



物事を表面的に判断する事の危険性を示した
文献から引用してみました。


[PR]
by tsunorun | 2018-04-17 08:30 | others(他) | Comments(4)