じぶん・しる・くらしの学び舎/くらし向上心理研究家/愛媛・松山ときどき東京


by KANA

カテゴリ:未分類( 10 )

@アクタス→@HOME

d0113159_19461161.jpg

椅子壊れ
椅子捨てるゆえ
椅子買おう
(5.7.5の俳句リズムにのせて※季語なし。笑)


好きなものから
好きなものへ
選手交替

理想の流れはこんな感じです☺︎

私ひとりに限って言えば
組み立てなければならない時点で
購入対象からは外れます。

不器用
かつ
雑なもので。笑笑



昨日のドッグドッグ体重測定では
まさかの10キロジャストを叩き出した
ワサビさん(╹◡╹)

先生のご好意も手伝って
小型犬枠での料金と相成りました☺︎
(結果は後日となります)



また、おかげ様でこちらは
残り3席のご案内となりました。
お時間とご興味が合いましたらぜひ☺︎


[PR]
by tsunorun | 2018-05-27 07:00 | Comments(2)

証(あかし)

d0113159_21550393.jpg


吉凶
売買
損得
攻守
悲喜


凸凹。笑。



対の漢字を組み合わせた
単語が多い事に気付きます。



以前開催した
講座の参加者の方が
いわゆる「孫ロス」に陥っておいででした。

成長とともに自分の手から離れていく
ばあば、ばあば、だった小さな子が
“友達と遊ぶから行けない”と
そう話すのだと
しょんぼりしているご様子。


すると別の参加者の方が
こう言いました。

“私なんて孫がいないから
そんな話も羨ましいですよ☺︎”
と。



ある存在を
なくすということは
それを
手に入れたからこそ
起こる経験。


とっても悲しい感情は
とっても楽しい時間を過ごし
思い出を共有したからこそ
あるものだといえるのではないでしょうか。

多くの“喜”に包まれた証が
まぎれもなく
そこにはあるのだと
そんなことを感じました。

[PR]
by tsunorun | 2018-05-17 06:00 | Comments(6)

どちらがお得意?

d0113159_19335249.jpg


人は文字で認識するのが得意な人と
色や形といった
いわゆる
デザインで認識する方が得意な人がいます。


ちなみに私は後者です。

ですので、使っている商品名を尋ねられても
答えられない場合が非常に多いです。
パッケージの色やデザインで
認識しているからだと思います。
(文字見てない…)

書店で本を探す時も
表紙の色が青だと知っていたら
青を目がけて視線を泳がせます。


収納でも
ラべリングによる分類は苦手です。

色がゴチャゴチャなのは嫌いですが、
見えない場所ならややOK。
探しやすさの方を優先しています。

大事な書類があるなら
そのファイルだけ
黒にしちゃって
あとは透明とか白にするとか
そんな具合です。


どっちがいいとかはありませんね。


ただ、これが自分の得手不得手に
合っていれば
管理のしやすさは上がります☺︎


なんだろなー。
いつからだろう。
掃除・片付け・整理整頓が
ワクワクする
wordになったのは♡



[PR]
by tsunorun | 2018-05-03 06:30 | Comments(4)

お節介なひとよね

d0113159_09381291.jpg

好きなひとが
好きなひとと
仲良くなると
それはそれは
うれしい。

わたしは
「お節介おばさん」気質なのだ。
たぶん。


いや…
間違いなく。

SKLの活動も
そんな延長線上なんだろうかな…

笑笑

バタ子さんたちに
続き
バタ男くんたちが
やってきた。

好きなひとが
くれた。

偶然にも
また別の好きなひとが
オススメしてくれた
お店からだった。

やっぱりね
あなたたち、合うと思ったもの。

d0113159_09405939.jpg

撮影事故かと
思うほど
雲ひとつない空。
昨夜から愛犬とともに義実家に帰省中☺︎

お義母さんより先にお風呂に入り
先に寝て
後で起きる

自宅より楽させてもらえる
それはそれはありがたい場所☺︎



[PR]
by tsunorun | 2018-04-29 09:45 | Comments(4)
d0113159_09521368.jpg

ある本の中でこんなお話を目にしました。


「ボランティアの人達とスーパーに行くとね
必ず帰りに‘お大事に’と言われるんです。
わたしは障害はあるけれど、健康だからこうして外出もしているんですけどね」

ハッとさせられました。

ていねいである事は良いこと。

ていねいすぎる事に
何の問題も疑いも
持ち合わせていませんでした。

「極端にていねいな言葉の背後には
ある種公平ではない見方が潜んでいるのだ」


こんな一文もあり、
多くを考えずにはいられませんでした。


余談ですが

ドラマや映画の夫婦喧嘩のシーンで
「えーどうぞ、○○されてください」
「○○なさっては?」なんて
ていねいすぎる言葉が飛ぶと
凄味が増します。



[PR]
by tsunorun | 2018-04-27 10:00 | Comments(6)
いつか使うかも。

そだねー。

と言ってたのは
遥か昔。

今は

いや、使わないから
(バッサリ)笑笑。

無印で春夏用スリッパを
買った途端
寒くなったんですけど…。

d0113159_07480973.jpg

ちなみにこちらは
スリッパコーナーには
ありません。

気になる方は
靴コーナーへゴーです。

軽いし楽だし
なかなかいい塩梅ですよ。

我が家では2票入りました☺︎


【追記】

さて、先日の記事で書きました
食器用の泡が出る洗剤を
食洗機に入れてしまった
わたしのポンコツ話の続きです。


メーカーの方に来て頂いて
中を見てもらったところ
(外からは分からない)
内部に水が漏れていました。


それを処置して頂き
再度立ち上げたところ
通常運転!!!!


fuuuuuu

出張代の8000円弱で済みました。

が!
普通に使ってれば起こらない故障。
皆様どうぞ、入れ間違いにはご注意を。
私は今回高い授業料を支払いました。。。

とほほ。。。。

部品交換じゃなかったのが不幸中の大幸い(╹◡╹)


[PR]
by tsunorun | 2018-04-09 12:56 | Comments(2)

幸せの目安

d0113159_21324329.jpg

「じぶん・しる・くらし」の学び舎
SKLのKANAです。

はい。突然なんですが、
今年はテーマをわかりやすく掲げてみます。

暮らしのシンプル化をはかるにも
何を残すべきか
何が核なのか
軸なのか
まずは自分を知る必要があります。

それから
相手とわかり合うには
まず先に
自分が何者かを
理解しなければ
難しいことが多いです。


さて、さて、
そもそも
‘幸せ’ってなんなんですかね?
一人じゃないこと?
基準なんていろいろある。
つまりは、
基準なんて
ないんだと思います。
‘不幸’じゃなければ
‘幸せ’ってわけでもない。


わたし自身は、
自分を好きでいられることが
一つ自分の
幸せの目安です。
自分に誇れる自分というのかな。
そのツールはもうだいぶ前から
「若さ」ではありません。
笑笑。
幸せの目安もまた
自分を知る中でしか
見つからないのかなと感じてます。

ヒトに見つけてもらうものでも
与えられるものでもない。

大切にしたいのは
「じぶん・しる・くらし」です☺︎


エキサイト20周年企画~あなたの人生の3つの坂





第2回プラチナブロガーコンテスト
「自由部門」に応募します☺︎





[PR]
by tsunorun | 2018-01-03 21:40 | Comments(4)

次なる狙いは

d0113159_12482636.jpg
(画像はお借りしました)
次なる狙いはこちら。
バルミューダのトースターを買って以降
ますます欲しくなっている
レンジ。

でもまぁ逃げはしないので、
しばし待機中。

なぜって、それはうちのジム子
(21年もののジムニー)が入院中だから。
d0113159_12551112.jpg

d0113159_12551239.jpg


こわい、こわいよー。
入院代金いくらだよーーーー。

こわいね-。
こわい、こわい。

余談ですけど、
この子、 
数年前に一目惚れしまして
夕方だったから
コンビニで数回に分けて
出金して買ったという代物。


[PR]
by tsunorun | 2017-12-27 07:30 | Comments(10)

「食」にかける価値観

d0113159_15363456.jpg

高ければ必ず美味しい
なんてわけもなく、
安ければきまって
美味しくないわけでもない。

野菜は鮮度が一番だし、
素材が良ければ
手をかけることが
むしろナンセンスだったりするでしょ。

我が家は
脂身を好む夫に
脂身が苦手なわたし。

ブリ、サバ、青魚な夫に
白身ラブなわたし。

とにかく見事に真反対。

取り合いにならないのが
いいところだけど、
美味しいものへの興味が
ずれてたら
お互い不幸だったかもと思います。

美味しいものへの
興味や関心度が
共通してたので
結婚生活が今に至ります。



[PR]
by tsunorun | 2017-04-17 07:53 | Comments(2)

窓考

d0113159_12562697.jpg

d0113159_12562717.jpg

d0113159_12562879.jpg

朝活で、出勤前に夫と現場偵察。

窓入ってる〜、屋根ついてる〜と騒ぐ中年夫婦が周りにどう見えたか見えないかは気にしないでおくとして。

地面近くにつけた小窓は愛犬wasabi用の『わさ窓』です(名は今考えました)

『大きく、たくさんあるのが断然いい』というかつての窓考を無視しました。現居がそうですが、寒くて熱い、掃除が大変、家具の配置に困る、防犯が心配などの点があり、要所以外の窓は少なめの小さめだと思います。
[PR]
by tsunorun | 2016-10-17 17:53 | Comments(6)