カテゴリ:others(他)( 56 )

聞く癖とおやつ開拓


ネットがなかった時代
私たちは情報や知識を
いったいどうやって手に入れていたんだっけ。
最早思い出すのが難しいくらいだ。


こどもの頃、
リビングの棚には地図帳と辞書があった。
この頃にはもう電話機は
リビングにあったけれど
そのもっと前は
なぜか玄関にあった。

今考えると不思議で面白い、
昭和40.50年代の一幕。
(うちだけ??)




本格的に調べ物をしようと思えば
図書館か本屋さんに行っていたように思う。
「イチから自力で調べる」
その作業を経験している世代である。


今は…どうなんだろう。


技術の進化は時に残酷で…。



“グ-○ル先生に聞いて”
に象徴される通り
聞くことが癖になりすぎた。
ゆえに、自分で考えることができない
そんな若手も少なくないと耳にする。



実際に主人が部下に
「考えてみて」と
指示をしたところ
「どうやって考えたらいいんですか」と
返ってきたとか。


uhhhhhhhh.................



どう答えたかは聞いていない。

d0113159_16222144.jpg

こちらは昨日の昼に食べたおやつ。
緑色がマイブーム⁇
そういうわけではないけど、
落ち着く色ではある☺︎

これ、美味しいです♡


[PR]
by tsunorun | 2018-05-15 06:00 | others(他) | Comments(6)

「逃げ道」もセットで♡

d0113159_20184639.jpg


ある日のこと。

会社で
おもむろに
AさんがBさんに
「これ、握ってきたおむすび
お腹いっぱいだからどうぞ」
と言って手渡した。

Bさんは少し驚いて
「いや。いいですよー」と
遠慮を見せたけれど
Aさんの
「いやどうぞ、どうぞ」で
手を引っ込めた。
(見ると少し困った様子)


ちなみに
わたしは
海苔がついたおにぎりは苦手だし
柔らかすぎるご飯も…ごめんなさい。
である。


Aさんが
良かれと思ってしたその気持ちは
十分に分かったけれど
こういう時
相手の
逃げ道は残しておきたい。


例えば、
お誘いを受けるのに
数ヶ月先の
かなりのパターンの日程を挙げて
「どこか空いてない?」と
言われたら
逃げ道はほぼないに等しい。笑笑

完全包囲である…

私は
ともすると
お節介おばさんなので
「逃げ道」を残すことだけは
気をつけている(つもりである)

[PR]
by tsunorun | 2018-05-12 06:30 | others(他) | Comments(6)

膝つき合わせて話す意味

d0113159_21454705.jpg

(えー冒頭ではございますが、膝があってない事をあらかじめご了承下さい。なんちゃって)


誰かの相談に乗る事が
皆さんも
おありではないでしょうか。


そこでひとつ
私が思うことを書きます。


すぐに出てくる答えは
「普段から考えていること」か
「言いやすいこと」なんじゃないかと。




もちろん
言う機会がなかった
普段の思い
常々の思い
言えずにいたこと
これが口に出せる事はひとつに大きいです。


けれど、
もっと深くにある本意
本人が気付いていない真意
これらの類はそこにはなく。
じっくりゆっくり
時には沈黙も挟みながら
対話を通してたどり着くものじゃないかとも
思うのです。


すぐに出てくる答えは
普段から考えていること。

答えはそこじゃない(かもしれません☺︎)

時にはじっくりと対話をしてみませんか♡






[PR]
by tsunorun | 2018-05-10 06:00 | others(他) | Comments(4)
d0113159_07385768.jpg

GWが明け
久しぶりの出勤という方も
多いのではないでしょうか。

当地は雨。
わさび号(愛犬用クルマ)に
夫婦乗りあわせで出勤です。

さて、
「ならし運転」を
ご存知でしょうか。

新車を購入した際、
エンジンに優しく
いきなり無理をさせない運転、
一定の走行距離に達するまで
エンジン回転数を抑えた運転をする
ことをいいますが、
わたしたち人間も
この「慣らし運転」が
大事な気がします。


というわけで
今週は「慣らし運転」で
参りますか☺︎

参りましょう♡

[PR]
by tsunorun | 2018-05-07 07:45 | others(他) | Comments(2)
d0113159_06061004.jpg

「YES」マンの「YES」ほど
信用ならぬものはなく

しっかりと
「NO」が言える人の「YES」ほど
心強いものはありません。

厳しい演出で有名だった故・蜷川幸雄さん。
あの方に「いいねー」と言われたら
それはそれは自信になったでしょう。
(お芝居は致しませんが。笑笑)


えー
さて、
昨日わたし外でキレました。笑


解決済ですが
この話はまた連休明けにでもゆっくりと☺︎☺︎





[PR]
by tsunorun | 2018-05-04 06:30 | others(他) | Comments(6)



なんとかなるよー
だいじょうぶだよー

ポジティブ思考と言えば
聞こえはいいけれど

それが実は単なる
‘思考停止’だという場合もあります。


考えるの面倒だからやーめーた
から成る
‘まぁ何とかなるでしょ’

うーん、これはちょっと頂けません。。



あれがこうなって
あーなって
あの時もあーなったし
だから
‘まぁ何とかなるでしょ’

と一通りシュミレーションしたのとは
えらい違いです。笑。


ついでに言えば、

ネガティブ思考にも
一分の利あり。です。


悪いほう、悪いほうへと想いを巡らせ
予想される最悪の事態を
思い浮かべることで
対策を練ることができるから。


とどのつまり
何事にも
二面あると言うお話でございました。


世の中の物事は
得てしてそう単純ではない事の方が
多いのではないでしょうか。

だから
見方次第で
どこから見るかで
どうとでもとれるのだとも言えます。
d0113159_19282150.jpg

葉の後ろにケーキと見るか
ケーキの前に葉と見るか

5月は緑のイメージです☺︎

[PR]
by tsunorun | 2018-05-02 06:30 | others(他) | Comments(8)

内から外へ

d0113159_14283291.jpg

会社が…
上司が…
部下が…

仕事をしていれば
こういう感覚を覚える事は
ごく当然にあると思います。


言いたい事は山ほどあるでしょう。




人は誰しもストレスを感じますもの。

ことそれが‘変化’という場面に
直面した時、そのストレスは
非常に大きくなりがちです。


私たちは
出来る事なら
変わりたくはないです。
ましてや変わる事を
余儀なくされたくはないです。


だって
変わるにはパワーが必要だから。



では、どうしましょうか。
相手を変えていきましょうか。


とはいっても
相手も同様に
「変化を嫌う人間」ですから
難易度は一層高まります。


あなたがどうぞ。
いえ、あなたが先にどうぞ。

‘変わる事’を譲り合う状態になります…。



会社はどうでしょうか。
会社・組織は人の集まりです。


「変わりたくない人」
×「変わりたくない人」×…
気が遠くなるほどの数居ます…。

ここを変えるのは一層難易度が高くなります。

これは
組織⇒相手⇒自分の順に物事を考える
アウトサイドイン(外から内)の
考え方といえます。


会社がこうしてくれれば…
上司が…
部下が…
そしたら私も…

これではなかなか事が進みません。


できれば逆の発想をお試しください。

自分⇒相手⇒組織
インサイドアウト(内から外)です。


人生の貴重な時間を過ごす会社です。

置かれた場所を認めるのか。
認められる場所に置かれに行くのか。
その舵は他でもなく
自分自身の手の中にあります☺︎

認め方は人それぞれだと思います。
「給料いいからそれだけ」
「仕事が楽だからー」もよし☺︎

自分の認め方が大事だと思います!






[PR]
by tsunorun | 2018-04-25 14:30 | others(他) | Comments(6)

バックヤード

d0113159_08001242.jpg
みなさんおなじみのこの商品
薬剤師だったある博士が
開発したそうです。

ちょっと意外。。。笑


それから
「コカ・コーラ」というこのお名前、
発売当時経理を担当していた方が
リズミカルで覚えやすいものがいいと考えてつけたものだとか。


後に120年以上愛される商品になるなんて
お二人は思いもしなかっただろうな-。


そのストーリーに想いをはせると
コカコーラが
また違って見えてきます。



では、ちょっと
こんな話をご紹介。


ある女の子が熊のぬいぐるみをぎゅっと握りしめています。

お友達たちが
‘ちょっと触らせて-’
‘抱っこしたい―’
と口々に言っています。
ある子は泣いて頼んでいます。


ところが彼女は頑なに拒否。
‘嫌!’の一点張り。


どうですか?
きっとこの話をそのまま読むと
意地悪な子だ
優しくない

そんな感想を抱くのではないでしょうか。



ではその背景に実は
こんなストーリーがあったらどうでしょう。


『熊のぬいぐるみは前日に病気で入院した
大好きなおばあちゃんが手作りしてくれた
ものだった』



物事を表面的に判断する事の危険性を示した
文献から引用してみました。


[PR]
by tsunorun | 2018-04-17 08:30 | others(他) | Comments(4)
d0113159_16050549.jpg

人の欲求は次から次へと
生まれて
消えゆくことはないもの。

だからこそ
いつも
どこか
‘何かが足りない’感と隣り合わせ。


外から見れば
幸せそうな
あの人も
またあの人も
ずいぶん遠くのあの人も

‘何かが足りない’感覚を覚えている。


‘私はもう充分。
幸せはお腹いっぱいよ’
なんて人はいるのかな。

少なくとも私は知らない。


耐えかねないほどの
空腹に襲われている
そういうわけではないけれど
でも、
どこか、
口寂しい感じを持ってたりする。


でもね
それは普通のこと。
欲求が尽きないのが人間だから。


悲しい感情が
波のように何度も押し寄せて来る
寄せては返すを繰り返す

でもいつか
その波の感覚だって
長くなっていく。


いいんですよ。
そういうの
弱さではないと思います。
だって自然現象だから。

それが感情ある人間の
自然な姿だと思うのですよ。


お腹が減る
眠くなる
悲しい感情が繰り返す
なんか物足りない


どれもひっくるめて
自然現象だと
わたしはそんな風に考えています。





[PR]
by tsunorun | 2018-04-13 16:30 | others(他) | Comments(4)

今日の時間割

5:30 起床
朝ごはん
夫を送り出し
掃除
ゴミ捨て
身支度して
8:30
産直市にて買い出し
d0113159_16121315.jpg
レモンは毎朝使うから欠かせない

d0113159_16121546.jpg
バターレタス⁇
とりあえず買うでしょう!

帰宅後
冷蔵庫食材整え

10:00〜11:30
自宅講座(+ミニフリマ)
d0113159_16122713.jpg

12:30〜15:00
友人が来てランチ@我が家
(カルボナーラなど)
d0113159_16203275.jpg

15:30〜
散歩

そしていま☺︎
参加者の方にお土産で頂いた
ワイルドストロベリーをセット。

芽が出ますように。
d0113159_16333128.jpg

以上。

本日の
これまでのわたしの
時間割でした。

どーでもいい話ですが。笑笑


[PR]
by tsunorun | 2018-04-12 16:29 | others(他) | Comments(6)