じぶん・しる・くらしの学び舎/愛媛・松山ときどき東京


by KANA
カレンダー

カテゴリ:ライフワーク SKL( 61 )


d0113159_13235340.jpg



人からどう見られているか
どう思われているのか

気にすればキリがない。


思う人には思わせておけばいい
言う人には言わせておけばいい



ただし、その相手が
自分にとって重要な相手となれば
話は違ってきちゃう
(私の場合)



私について良く語られる時
(悪口というのは
 あまり本人の耳には
入ってこない性質のものですから)


キーワードになる漢字は
「癒」「芯」「声」


何を指しているかは
口にする方それぞれ違うと思うのですが
概ねこんなところに集中します。


漢字を見ていると
「心」という文字を2つ発見!



心理学
もしや?進むべくして進んだ?
(強引、笑笑)



皆さんは、人からもらう褒め言葉に
どんな文字を見ますか?

by tsunorun | 2019-01-18 14:00 | ライフワーク SKL | Comments(0)
d0113159_09374876.jpg

6歳になっても
まだ、なお、やんちゃな愛犬に
なにかを言って聞かせる時


「『(病院の)先生がワサビはお利口さんだ』って言ってたよ」と。

そんな作戦(?)を無意識に
使っている飼い主(=私)。


なんとなく伝わるのか
神妙に聞いている。笑

多分。笑



『お父さんが褒めてたよ』と
お母さんが子どもに伝える

『お客様に褒めて頂いたわよ』と
部下に伝える



『あいつがおまえのコト好きだってー』
な青春(アオハル)会話。笑


こう言う時だけは
ちょっとだけ盛っても
許されるのではないだろうか。

個人的にはそう考えている☺︎


by tsunorun | 2019-01-09 10:00 | ライフワーク SKL | Comments(2)
d0113159_10263601.jpg

「私の講座はとても面白いですから
 ぜひ来て下さいね」


残念ながら
自分で自分の良さをアピールしても
あまり効果はない…


なぜなら…
シンプルに考えても
自分のことを悪く言うのはデメリットで
良く言うのがメリットだから




ではさて、こちらはどうか。

「KANAさんの講座はとても面白いから
 ぜひ行ってみて」と
Aさんが言って下さったとする。


いわゆる口コミや
ネットのレビューのようなものです。


口コミやレビューを書くことで
サービス還元がある場合もあるけれど
私のSKLにはポイントもなければ
還元もないので
Aさんのメリットはゼロです。

それでも言って下さったことに
イチルの説得力が出る。


変な力が加わってない意見だと
純粋な意見だと
聴く人が判断する。




上司から直接
「いつもよくやってくれているな」
と言われるより

「上司の○○さんがあなたのこと
『いつもよくやってくれている』と
言ってたよ」と

又聞きする方が嬉しいのは
そういうからくりだと考えている。


世の中の人の心には
たくさんのバイアス(偏り)がかかる。

だからこそ社会は面白い!


by tsunorun | 2019-01-08 12:00 | ライフワーク SKL | Comments(2)

うるとらC

d0113159_11121853.jpg



人は二つの事柄が
理論的にかみ合わない状況を嫌がる

というより何より
気持ちが悪い

例えば
A)タバコを吸っている
B)タバコは身体に悪い

AとBは理論的にケンカしている。

だから、

C)タバコを吸ってても長生きしてる人もいるし

といったウルトラCで
このバランスの悪さを回避する。



専門的にはこれを「認知的不協和」という。


矛盾する考え(認知)を
同時に抱えた時に覚える
そんな不快感を表す
社会心理学の用語なのですけどもね。


だから、裏を返せば
わたしたちは、
C)の考えを編みだしてくる力が
あるんだともいえる。


やってみて上手くいかなかった時だって
きっと、ウルトラCを出して来るんだ。


本来はそういう力をもっている


by tsunorun | 2018-12-26 11:00 | ライフワーク SKL | Comments(2)
d0113159_22030337.jpg

がむしゃらに
頑張らなければいけない時もある
でも、それを突き詰めていいのは
きっと、自分が決めた事だけ。


連日連夜、不眠不休で仕事をする。
良い作品を作りたい一心で働く。
自分が納得できるものが
できるまでやりたい!

そう自分で決断してするなら
それはきっと
その人にとってハッピーな時間。


連日連夜、不眠不休で仕事をする。
そろそろ寝ないと心も体もボロボロだ。
でも、
「間に合いません」で済むはずなどない。
そもそも無茶な納期…

やらされてやるのと
自分で決めてやるのとでは
当たり前だけど違う。


頑張っていいのは
自分で決めた事だけ


無理に頑張らなくていい

無理には「理」が無いのだから。
そんな風に想っている。


もう今年もまもなく終わる
人生もきっとあっという間
だから
大事にしようと思う☺︎
いろいろを。


by tsunorun | 2018-12-20 06:00 | ライフワーク SKL | Comments(2)
d0113159_05190383.jpg

目玉焼きには何をかけますか?

しょうゆですか
ソースですか
シンプルに塩でしょうか

そこには自分定番の
味付けがあるのではないでしょうか



わたしたちは
普段の食生活はもちろんのこと
考え方にも
独自の味付けをしています


だからそのままにしていれば
様々な出来事を
いわば、定番となった
同じ味付けにしてしまいがち。


いまさらですが
SKLでは
「心理学×暮らし考」を発信しています。
思うにそれは料理教室に似ています


味付けのレパートリーが増えれば
同じ素材も
もっと味わい深く美味しく調理できます


「暮らしの味付けを変えてみる」ことで
「うま味をもっと出せる」


そうだ。


SKLは“暮らしの料理教室”だと
思って頂くと
分かりやすいかもしれません☺︎


by tsunorun | 2018-11-14 06:00 | ライフワーク SKL | Comments(8)

天職

天職=自分の生まれつきの性質に合った職業

d0113159_13303521.jpg


このところ
6時間講座、6時間講座とうるさくしてたから
つらそうに見えているかもしれない。

最初はそれはそれは気が重かった
正直な気持ちだ
体力も脳力も消耗は激しいのは確か。

でも、今となっては
実は行くのが楽しみなのだ。

理由はいくつかあるけれど
何よりなのは
年齢層バラバラの
14人の生徒さん達が
とても仲良くノリがいい。


これには本当に助けられている


そんなだから
前回は二回目にして
「先生!先生!」状態。

休憩時間には
お悩み相談なんかも受けたりした。



わたしは実は
(お気づきの方もいるかもしれないけれど)
親分気質がある。
仕切りや気質もある。

だから頼られると弱い。笑



今の仕事もSKL活動も
そんな気質に
どうやらハマっているようだ。



いかに分かりやすく
いかに楽しく
いかにお値段以上に
お届けできるかを
考えるのも相当に楽しい


前回のテーマは「ストレス」について
だったのだけど
続くと疲れるだろうと
少しお片づけ関係の話に脱線してみた



最後に少し時間が余ったので
「もう少し聞いておきたい事や
質問はないですか」
と聞いたら



「先生!さっきの片付けの話」



(笑)


ストレス(裏テーマ:片付け)の回と
あいなりました。






by tsunorun | 2018-10-17 07:00 | ライフワーク SKL | Comments(4)

暮らし考×心理学

d0113159_20022440.jpg

肌ざわりがいいとか
着心地がいいとか
おいしいとか
おもしろいとか

自分を気持ちよくさせてくれるものが
何なのかを
知ってると強い☺︎


それだけのことが
それほどなこと。




by tsunorun | 2018-10-07 20:00 | ライフワーク SKL | Comments(0)

d0113159_08365464.jpg

「人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。
僕は逆に、積み減らすべきだと思う。
財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、
かえって人間は自在さを失ってしまう。

過去の蓄積にこだわると、
いつの間にか
堆積物に埋もれて身動きができなくなる」


これは岡本太郎氏の言葉です。




以前、分厚い衣をまとった
海老フライの話を書いたことがあります。

衣をはがしてみたら
中身のえび(自分)は小さかった
という話です。

人として一番怖いのは
自分が見えない事。


豪華な家や車は「自分」ではないこと
高級時計も「自分」ではないこと


何も身にまとわない状態で立った時
それでも自分の中にあるモノが
「自分」だということ。


「自分」に空気の下駄をはかせることに
終始しないこと


今一度言い聞かせた朝です(笑)









by tsunorun | 2018-10-05 08:14 | ライフワーク SKL | Comments(8)

今月9月は2本。
1本は
すっかり好例となった
カルチャー講座が本日。


またもう1本は
お世話になっている
住宅会社さんのフリースペースで

『問題は内容じゃなく伝え方
〜心理職&元編集者がおくる
心を動かすアプローチ手法~』

と題した講座を開催します。

こちらは有難いことに
既に満席を頂いてます。
感謝・感謝の限りです。



東京には
しばらくお邪魔できそうにないのですが
こうして地道に活動は続いています。



昨年、6月にSKLの活動を開始して以来
先月8月末で計22回。
講座や研修、講演をしました。

延べ280人の方に
お話を聴いて頂く機会を得ました。


ブログを見て
ご参加下さった方も大勢
いらっしゃいます。


心より感謝を申し上げます。


こんな私ですが
ちょっとづつ

自分を信じて続けてきて
当初よりは
幾ばくか成長できました。


0と1の間は
少しだけ広い気もしますが
1の次は2.3.4がやってきます。

0を1にできれば
こっちのもんだと思います☺︎
d0113159_22283385.jpg




by tsunorun | 2018-09-13 06:00 | ライフワーク SKL | Comments(6)