<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

散髪

cutというか、散髪だな。
なにしろほぼ4か月ぶりという無精っぷり。

担当の人との付き合いも長いから
まーそれほど驚きもされないし
今回も完全にお任せ。

で。気づいたら結構短くなってた。
って、ほんと途中は雑誌ばっか見てる。
まっ、でも案外気に入ってはいる。

と、さて。

今回は初めて美容院に差し入れなんぞをもっていってみた。
運転してたらえらく暑かったもんで、
忙しくても食べやすい一口サイズのアイス。
ほんと、ほんとちょっとしたもんなんだけども。

渡すやいなや、

‘差し入れいただきました~!!!!!’
(ってか、声大きいだろ)

‘ありがとうございます!!! byスタッフさん全員’
(うっ、非常に恐縮。。。)

なおかつ席に着いた後も各々が個別に
‘差し入れありがとうございます’とやってくる。
(うぉ!もっと珍しいもんでも買ってくりゃーよかったぜ)

だって。だってね。
ホームサイズのpinoだったの。
(あっ、モリナガサンごめんなさい。。。。気軽に購入できるという点で、あのぉ…そのぉ…)
[PR]
by tsunorun | 2013-04-26 16:42 | health&beauty(美) | Comments(2)

40年と1日

大好きな掃除に明け暮れ、至って普段通りに過ごした昨日でした。

あったかい言葉をたくさんと
ステキな贈り物。

夫からはお高級なバターを。
wasabiからは激しい一撃を。

頂きました。

明日は40年と2日。

あんまり先を見てもね。
疲れるからね。
[PR]
by tsunorun | 2013-04-24 20:55 | love(愛) | Comments(4)

物は考え様

d0113159_1355483.jpg

珈琲と思うとがっくりくるけれど
珈琲と思わなければイケル。

もうすぐ40歳だと思えばブルーだけど、
まだ40歳だと思えばピンク?うん、ピンク。
[PR]
by tsunorun | 2013-04-19 17:02 | taberu(食) | Comments(6)

何でも買える不幸

d0113159_12343416.jpg
デスクワークは足が疲れる。
春だしね。
結構くたびれてきたしね。
無印のリボンバレエシューズを会社履き用に新調して、
スリッパを捨て去ってやった。
あーすっきり。


お金をたーーーくさんお持ちのうちの会長は、
(これはこれで実に羨ましいんだけど)
なんか楽しみを見つけんといかん、と口癖のように言っている。

お金を貯めて革張りのソファーを買うのだ!と夢見る。
頑張ったご褒美に普段の倍の値段のバターを買っちゃう。
これ、目下のあたしの幸せの素。


あれね、きっと彼らは幸せバーが高い位置にあるのよね。
それはそれで大変ね、と2.3割?いや、4.5割?(案外多いな)の負け惜しみも含みつつ^^


彼を見てると
庶民もまんざら悪くはない
そう思えてくる。


ちなみに、バレエシューズは地面が近すぎる感覚があって
個人的に外履きとしてはNG。
室内履きとしては秀逸です。
個人的には。
[PR]
by tsunorun | 2013-04-12 12:55 | item(物) | Comments(2)

粗食

d0113159_16441858.jpg
と見せかけ、
なんてことはない、
この後のパン祭りに余裕を残しただけ。

ごはん1杯分を遥かに超えるパンを食したある夜のお話。
[PR]
by tsunorun | 2013-04-08 12:27 | taberu(食) | Comments(2)

添える

d0113159_16445531.jpg


焼き魚には大根すり。
唐揚げにはレモン。

‘添えモノ’の力って大きい。


**************

大好きな人とは
会うだけで十分満たされる。

なのに
そこに
優しい心遣いとか
嬉しくなるような褒めコトバがついてきて
いつも打ち抜かれる

**************
40を目前に目標がまたひとつ。
上手に‘添える’ことができる人間になりたいと思う。
[PR]
by tsunorun | 2013-04-05 12:56 | love(愛) | Comments(2)

桜に想う

d0113159_14571554.jpg
ここにも桜があったんだ、この時期は多くの場所でハッとする。

名所と言われ、たくさんの人をいざなう桜がある一方で
人知れず満開の花を咲かせている桜もいる。
ソメイヨシノの盛りを過ぎたころ、
遅れて咲き始める桜が会社の前の通りにある。

―置かれた場所で咲きなさい―

肝に銘じている言葉の一つ。


早く咲かなくたっていい。
遠回りしたから見える景色もある。

貴方の咲かせる花を気長に待つことにしよう。
楽しみは少々先位の方がちょうどいい。

孤高の桜の美しさを
改めて想った2013年の春
[PR]
by tsunorun | 2013-04-01 16:03 | others(他) | Comments(2)