d0113159_15465580.jpg

年配の方だろうか。
走り書きの文字が、それはそれは温かく。
いろんな事が報われた瞬間でした。
言葉ってすごい力を持っていて
同時にとてつもない破壊力もあって
私たちは知らず知らずに
その魔法ともいえる
武器ともいえるものを操っているのだと感じた出来事でした。


さて、コンセントの次は照明を確定させます。基本はダウンライトで、誰かが寝る可能性のある和室と予備室は調光型にしました。メインの寝室と土間は電球型のランプです。
こちらは調光にしても彩度があまり落ちないので通常のオンオフタイプのものを採用です。寝室には就寝中用に別途、間接照明を使う予定です。真っ暗では眠れない大人です。

言葉だけではわかりにくいですよね。表現力が足りないようです。。。


[PR]
# by tsunorun | 2016-11-02 16:16 | love(愛) | Comments(0)

コンセントの微調整

d0113159_10231249.jpg

もう少し上に。
下に。

想像力を総動員して考える。

期待もあふれるけれど、
もちろんそれだけではなくて
何かが変わる時には
いや
変えたがゆえの
不安もあり
結局人生は出たとこ勝負である!



[PR]
# by tsunorun | 2016-10-30 10:17 | kurasu(家) | Comments(6)

幸せを運ぶ産直市

d0113159_15263279.jpg

新鮮で、お安くて、しっかりしていて。
産直市へせっせこと買い出しに出かけるのが
週に一度の大きな楽しみ事です。

引っ越し後は、ぐぐぐっと距離が縮まるので、それもまた新居暮らしの醍醐味の一つです。


産直市が楽しい、
もうひとつの理由に気づきました。

『ニンジン、色がきれい』
『キャベツ、瑞々しい』
『キュウリは曲がってるけど新鮮』

【いいとこ探し】が心地よいのだと思います。

多少歪なものがあったって『わぁ、このナスビ変な形、最悪』とはなりません。それも産直市だから。


人に比べて何が足りない、何が劣ってると
粗ばかりを探してしまう毎日だと疲れます。

【いいとこ探し】の産直市から帰ると
ほんわり幸せな気分になります。

さて今宵は何を作ろうか。
週末にはちょっと張り切ってみようか。
ふふふ、と思います。


[PR]
# by tsunorun | 2016-10-28 17:30 | go(訪) | Comments(0)
d0113159_17350304.jpg

頂きものが必ずしも好きな物、気に入る物とは限りません。それはとても自然なことで、仕方のないことです。だからこう考えています。頂きものはありがたく受け取ることに意味があるのだと。

ある人が自分のために
時間を使って
お金を使って
心を使って選んでくれます。

贈り物にはカタチのない見えないものがたくさん詰まっています。その中で唯一目に見える、カタチあるのが、いわゆる『品物』なのだと思います。『品物』は贈り物の一部です。『品物』をうけとると同時に、そこに込められた全てをありがたく受け取ります。

贈り手が願うのは、絶対に使ってもらう事でも、生涯持っておいてもらう事でもないはずです。まして、捨てたくても捨てられないそんな悩みの種であり続けることを、私ならば望みません。自分を贈る側に置き換えればわかります。そこに込められた想いは『喜ぶ顔が見たい』だから。

裏を返すなら喜ぶ顔を無理強いする結果にならないかを、贈り手側に立つときにはしっかりと考えないといけないと自戒もする日々です。
[PR]
# by tsunorun | 2016-10-26 18:48 | item(物) | Comments(4)

玄関開けたら2分で

d0113159_08210391.jpg

ごはん。
ではなく、パン派です。

今朝もまた、現場偵察。
玄関開けたらこの軒が広がります。

2台あるうちの小さい方が入るガレージも兼ねます。外壁と同じ素材だと漠然と思っていましたので、うれしい誤解です。

木目の色調が様々なのも好みでした。

目の前の幸せに気づき、
いかに大切にできるかが
人生を大きく左右すると信じています。

差し入れ用に現場近くの自販機でコーヒーを買ったら当たりました。

幸先いい朝です。
[PR]
# by tsunorun | 2016-10-26 08:36 | kurasu(家) | Comments(6)