これくらいのお弁当箱に

d0113159_20022409.jpg

これくらいのお弁当箱に


という歌を
ご存知でしょうか?

おにぎり、おにぎりちょいと詰めて♪
と続くこの歌。


お弁当は
中身がずれてしまうと困るし
隙間なく入れるのが常ですね。


だから、ダイエットのためには
その容量を小さくするのが
ひとつのポイントにもなるわけですが。



こと、仕事についても似たようで
その仕事のために用意された時間まで
仕事の大きさが
膨張するという傾向があります。

これは使える時間いっぱいまで
作業時間が膨れ上がるということを
示すもので
「パーキンソンの法則」といいます。
(パーキンソン病とは無縁です)


分かりやすく言えば
〆切りまで5日間ある場合、
仮に2日で片付く仕事量だとしても
のんびりしてしまって
5日間分の仕事量に膨れ上がる
というものです。


あればあるだけ
使ってしまいがちな
スペース・時間・お金。


在る(ある)ベースではなく
要る(いる)ベースを
視点にできると
スペースや時間やお金を
よりうまく管理できる気がしています。

中3の夏、
部活を引退した後、
明らかに時間が増えたはずが
増えた時間以上に余裕ができてしまい
一時成績が落ちて焦ったのは私です。笑




[PR]
# by tsunorun | 2018-07-04 06:00 | totonoeru(整) | Comments(2)

ありがとう

d0113159_19315590.jpg


カーナビは
目的地への最適な経路を
教えてくれるけれど

実際に目的地に向かって
安全に運転するのは
自分でしかありません。


傷を負って
『痛いね、大丈夫』と
心から心配してもらうと
嬉しいけれど

やっぱり
痛みを感じるのは
自分しかいません。


人間の単位は
いつだって「ひとり」で
みな結局は
「ひとり」なのだと思います。

それが良いとか
悪いとかはなく
最終的には
ひとりで乗り越えてきて
今があるのだと思っています。


サッカー観戦しました。
まだまだ見ていたかったけれど、
残念だけど

感動をありがとうございました。

選手、監督、関係者の皆さんの想いは
計り知れません。
ここにもまた
ひとりひとりが
乗り越えなければならないものが
あると想像します。

その先に向けて。

感謝。


わたしは
この西野ジャパンロスと
たちまちは
今日の寝不足を
乗り越えなければなりません。



[PR]
# by tsunorun | 2018-07-03 06:00 | love(愛) | Comments(4)
d0113159_15565476.jpg

自分の感情は
人によく思われるために
伝えるのでは
ありません。


ある時、
どこかで目にして
手帳に書き記した
フレーズである。

こういう術は
身につきすぎると厄介だ。
自分の気持ちを飲み込むことが
スタンダードになり過ぎて
それを
ごく当たり前の事だと思う。

やもすれば
発した感情を真の気持ちだと
脳が勘違いしてしまう。


例えば仕事量についても
月に
何十時間も残業する事が
スタンダードになり過ぎて
眠れない程の仕事量が
当たり前になり過ぎて

本人がその異常に気づかないとしたら
それは
とても危険だと
心配になる…。



[PR]
# by tsunorun | 2018-07-02 06:00 | others(他) | Comments(0)
d0113159_08481229.jpg

なにも足さない
なにも引かない


シンプルだが奥が深い。
なんという矛盾だろう
なにも足さない
なにも引かない
ありのまま
そのまま
この単純なのに複雑なこと

〜サントリーピュアモルトウイスキー山崎
   広告(1992-1994)より〜


自分に下駄を履かせたり
卑下したり
しなくていいんだよと
言われている気がする
大好きなコピーです☺︎


[PR]
# by tsunorun | 2018-07-01 09:10 | love(愛) | Comments(6)

絶対言わないから大丈夫

d0113159_18545723.jpg
(写真は沖縄旅行の記録より)

おはようございます!

今日は前職の後輩ちゃんと
ランチに行ってきます。

彼女の家の前を偶然通りかかったら
かわいい輸入車がいて
久しぶりにラインしてみた事に始まります。


その話を早速
わが家のクルマ馬○さんに☺︎。

“ねーねー○○ちゃん夫妻
 車変わってたよ-。
 輸入車でね、色はイエロー”
(わが家に遊びに来た経緯があり
夫も顔見知りなのです) 


と言ったらズバリ当てハリました。

さすがクルマ馬○です。笑


彼女(10歳くらい下)との
ラインでのやり取りの最後

“また予定が合えば
そのうちランチでも-”

とパワハラを敬遠し(笑)
逃げ道も残して返したら


“6.7月の土日で空いてるお日にち
ありますかー”との返事。
(この時は6月中旬でした)


好きだ♡
こういうタイプ!
日にち決めにいく人好きだ♡


でも…
そんなに日程に幅を与えられたら
KANAさんの逃げ道がないのでは…
と思われた方が
いるでしょうか。


大丈夫です!

わたし、「また会いたいね」って

思ってない場合は
ぜーーーったいに言わないので☺︎アハハ



[PR]
# by tsunorun | 2018-06-30 06:00 | love(愛) | Comments(2)